うたばん

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
うたばん
(スペシャル版は"とくばん")
放送局 日本の旗 日本
ジャンル 音楽番組
放送期間
放送時間
制作局 TBS
企画/PD 大木真太郎(CP)
監督/総指揮 阿部龍二郎
演出 石黒光典
原作
脚本
出演者 石橋貴明とんねるず
中居正広SMAP)ほか
ナレーション
音声 ステレオ放送
字幕 リアルタイム字幕放送
データ放送
オープニング ナンシー・シナトラ「These Boots Were Made For Walkin'(にくい貴方)」
エンディング 同上
公式サイト 公式サイト
特記事項:
「とくばん」の場合、1996年度 - 1998年度までは火曜21:00 - 22:54(114分)、
1999年度 - 2008年度は木曜18:55 - 20:54(119分)もしくは木曜18:30 - 20:54(144分)、
2009年4月から9月までは日曜19:00 - 21:54(174分)もしくは日曜19:00 - 20:54(114分)、
2009年10月からは火曜19:55 - 21:54(119分)、
もしくは火曜21:00 - 22:54(114分)、
もしくは火曜19:55 - 22:48(173分)
テンプレート

うたばん1996年10月15日から2010年3月23日までTBSで放送されていた音楽番組。名は『歌番組(うたばんぐみ)』の略からきている。スペシャルの際は番組名が『とくばん』になる(『組』から採られている)。
2007年4月19日から字幕放送を実施していた。

概要[編集]

2009年10月に放送14年目を迎えた長寿番組でありファンも多かった。各方面からも賛否両論の音楽番組ではあるが、視聴者層から一定の人気を獲得し続けている番組でもある。『ザ・ベストテン』や『ヤンヤン歌うスタジオ』のようなアーティストを芸人ばりに弄る番組は昨今観られなかったため画期的な番組でもある。うたばんの放送400回を記念した『ザテレビジョン』の特集では、『音楽番組界の大ベテランにして異端児』と評された。

トーク部分はあまり他では見られないテイストの内容で展開されることが多かった。番組中に視聴者に見える形で台本を読んだりするのもそのうちの一つであるが、上記のアーティストへの弄りはこの番組を代表する要素である。

また、出演者がこの番組で気に入った内容を、他の番組に出演したときなどに使用することも多かった。詳細は下記を参照。

見た目上の特徴としては、数あるテレビ番組の中でも非常に凝ったCG演出を多用しており、字幕テロップにも独特の効果をつけていた。

放送時間帯は、1996年10月の開始当初から1999年3月までと現在が毎週火曜日21時台、1999年4月から2009年3月までは毎週木曜日20時台、2009年4月から9月までは日曜日だった。

2009年4月より、放送時間が毎週日曜19時57分からに変更となることが2月26日の番組内で明らかになった(実質的には4月12日放送分の『とくばん』から新時間帯での放送となる)が、それから時間移動前最終回となる3月12日までは、引越しのために次々とセットが撤去されていくという設定となった。

毎週木曜日20時枠で放送されていた時期(特に1999年-2005年頃)は、15%前後を維持するなど、安定した人気を保っていた視聴率が、21世紀に入ってからの少子化問題や深刻なCD売上減少や裏番組(特にフジテレビ系列)との競合から、木曜日20時枠時代末期の2008年ごろからはほぼ11~12%前後で推移しており、『とくばん』を含めて1桁で推移することはたびたびあったものの、ある程度の人気を得ていた。だが、『総力報道!THE NEWS』が放送される影響から日曜日20時台に移動となった2009年4月以降は常に1桁と低迷。大河ドラマNHK)、世界の果てまでイッテQ!日本テレビ)、大改造!!劇的ビフォーアフターテレビ朝日)、ジャンクSPORTSフジテレビ)、田舎に泊まろう!テレビ東京)などの裏番組に惨敗する日々が続き、2009年9月20日の『とくばん』ではレギュラー放送も含めて最低視聴率となる5.4%を記録し[1]、同時間帯最下位となるなど深夜・明け方並みの低視聴率を連発した。皮肉なことに2度目の放送時間帯移動後は、『さんまのSUPERからくりTV』拡大版[2]や特別番組を放送するなど、放送を休止する回数が多くなり、『とくばん』を放送する回数が、放送時間帯移動前よりもさらに増加していたが、テコ入れにはつながらなかった。このため、この時間帯での放送は半年間で終了[3]。10年半ぶりの放送となる火曜日に移動すると、2009年10月20日の『とくばん』が関東地方ではフジテレビ火曜9時枠の連続ドラマの『オトメン(乙男)』や『ロンドンハーツ』が1桁に苦戦している影響から、関東地方で16.3%・名古屋地方で18.8%の高視聴率を記録し時間帯トップとなるなどある程度の人気を取り戻した[4]かのように見えたが、平常放送ではまたもや1桁を連発することとなった。番組最高視聴率は2001年3月1日の宇多田ヒカル2回目の登場の回で25.0%(ビデオリサーチ調べ)。 ただ、11月10日までは本放送をせず、内容も過去の名場面、過去の映像を多用する『とくばん』でつなぐことになり、歌謡曲ならびに演歌系のアーティストも(時折であるが)出演するようになった。 『お茶の水ハカセ[5]が放送を開始した11月17日以降は21時台での通常放送が本格的に始まったが、2009年12月15日放送分で6.7%を記録するなど、1桁になる回がまだ多いものの、低くても7%台半ばは記録するようになり日曜日時代よりは大幅に改善されていた。

上述のように長年低視聴率を連発していることから2010年3月23日に生放送によるトーク総集編の「とくばん無期限活動休止SP」が放送され、13年半の放送を終了。ちなみにこの日の視聴率は10.4%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)だった。

4月20日から引き続き石橋・中居司会による新番組『ザ・ミュージックアワー』がスタートする。「うたばん」の前述の最終回については後継番組の『ザ・ミュージックアワー』へ発展的終了という位置づけから、新聞欄には(終)のマークは印刷されなかった。しかし『ザ・ミュージックアワー』は「うたばん」以上に不評で低視聴率を連発している。 その後2012年から2013年9月まで火曜日に中居正広司会 の歌謡曲が放送されていた 最初は録画だったが 放送事故あってからは 最終回まで生放送だった 2013年から宴やっている。良くケメコも出ている

備考[編集]

  • 司会は初回からとんねるず石橋貴明SMAP中居正広が担当していた。実は当初は前枠「ねる様の踏み絵」「とんねるずのカバチ!」に引き続きとんねるずの司会の予定だったが、相方の木梨憲武は以後野猿として出演する前まではTBSの番組には出演しなかった(木梨は、深夜枠・単独MCで「ゲンセキ」や「10カラット」に出演していた)。
  • 開始当初は火曜日21:00~21:54の放送だったが、1999年4月15日からTBSの火曜夜9時の「うたばん」枠と旧水曜夜7時枠、毎日放送の旧木曜夜8時枠の3枠が入れ替わり、木曜日20:00~20:54(TBS、TUT、RSKは19:54から)に移動した。
  • 出演者の名前のテロップ、番組のロゴは当初から使用されていた。
  • オープニングアニメーションが当初は毎週のように出ていたが、2008年 - 2010年3月頃は、中居が「さぁ、それではゲストをご紹介しましょう。」の一言で始まることが多く、(場合によってはその日のゲストの歌から始まることもあった)OPアニメーションが流れる回数が少なくなった。
  • 1999年9月~2005年9月の「とくばん」(放送時間は18:55~20:54)の場合、CBCテレビ毎日放送 (MBS)テレビRCCテレビRKBテレビなど、JNN系列局の一部では自社制作番組または他系列の番組を18:55~20:00に編成する関係上、1時間の編集版に縮小され20:00~20:54に放映されている。(自社制作番組を休止して、「とくばん」を18:55から放送する場合もある。)
  • 2002年2月14日の2時間スペシャルは「うたん」と言うタイトルだった。
  • 地上デジタルテレビジョン放送でのハイビジョン放送(画面サイズが16:9)は行なわれていない(音楽制作者連盟と著作権肖像権の問題で折り合いが付いていないため)。ただ、収録はハイビジョンカメラで撮影されている為、地上デジタルで見ると左右は黒くカットされているものの、ハイビジョン番組のような繊細な画質となっていた(16:9HD映像をサイドカットの上4:3SD映像へダウンコンバートしている為)。
  • オープニングで中居が「さっ、今週もうたばんの時間がやってまいりました」と言っていた。モーニング娘。の出演が多くなり始めた2000年ごろからはあまり言わなくなってきたが、2006年2月ごろからは再び言うようになっていた。
  • 同様にエンディングでは中居の「さようなり~」という一言が毎週あったが、最近はほぼ言わなくなった。2006年に安住紳一郎アナウンサーが中居の代理で出演した際と、2007年11月に環境野郎Dチームが出演した際はエンディングで(ネタとして)これを言っていた。
  • テーマ音楽として使われているのは、ナンシー・シナトラの「These Boots Were Made For Walkin'(にくい貴方)」のコーダ(後奏)部分をテープ編集したものである。
  • ミュージックステーション』(テレビ朝日系)のような「本格的音楽番組」とは一線を画しており、ゲストとのトークが中心である。ゲストの歌披露は平均3~4曲(最近の傾向としては平均2~3曲)。トーク中心であることや、トークで「トータライザー」に代表される多種多様な企画が組まれること、トークで過剰なまでのCGを多用するなど、同時間帯で放送されている『ミュージックステーション』や『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)との差別化を図った作りになっている。それらの特色に加えて、ゲストへの極度のイジリや次項で述べられているように最近はお笑いの色が強くなるなど、独自の雰囲気を醸しだすようになってきているため、ただの歌番組とは一線を画している。ただ、前述のように、どの番組も最近では視聴率が低迷してきている。
  • 他の音楽番組と違う点としては、例えばフジの『HEY-』がメジャーアーティスト中心の出演なのに対して、「うたばん」では、あまりテレビ音楽番組に出演しない珍しい類のアーティスト、バンドが出演することが多い。特に犬神サーカス団(中居は、このバンドに対して、「HEY!HEY!HEY!に出て欲しい」と言った事がある)や矢野絢子など当時まだメジャーデビュー前で一般的に無名のアーティストも出演したことがある。最近では、うたばんは「音楽業界の駆け込み寺のような存在」ともいわれていた。また、2003年秋頃からはお笑い芸人の出演する傾向が強く、安田大サーカス長井秀和劇団ひとり友近などが出演している。また、「ねたばん」と名を変えお笑い番組として放送するという、とても音楽番組とは言いづらい内容をしたとんでもない回もあった。
  • フジテレビHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」と共に低迷が続いていた音楽番組の需要を復活させた番組でもある。さらに、テレビ朝日ミュージックステーション」にも視聴率上昇効果を出してきた。まさに、この3つの音楽番組はライバル局でありながらも、仲良く視聴率を分け合っていた。ただ、最近は前述のように視聴率的に低迷が続いていた。そのため番組自体が打ち切りとなった。
  • 一時期「うたまるくん」というアニメも放送されていた。キャラクターデザインは薮内省吾、アニメーション制作はタツノコプロが担当。
  • 一時期は毎週のようにモーニング娘。が出演。この番組のおかげで、彼女達は個人の名前と顔が有名になり、その後の隆盛につながった。
  • 2003年7月3日は、プロ野球中継(広島巨人戦)が組まれていたが雨天中止となり、うたばんを放送。冒頭で「広島-巨人」戦の中止によるお知らせ、提供クレジットのバックで広島風お好み焼きの作り方などを流した。
内容は時間の関係で放送されなかった綾小路きみまろの漫談のほか、古谷英一扮するニセ綾小路きみまろならぬ「綾小路うたまろ」の漫談や翌週(7月10日)に放送する予定だったV6安倍麻美の歌(翌週にも放送されており2週放送したのは異例のことだった)などを放送した。
杉田かおるがかつてのヒット曲『鳥の詩』をCDとして再発売し、友近も井上陽水のカバー曲「Tokyo」で歌手デビューしている。2005年6月16日放送で南野陽子が『吐息でネット』をCD化することが決定した。
  • 2004年6月24日、この「うたばん」放送で地方発のアーティストの発掘にも挑戦。
北海道の人気タレント大泉洋スターダストレビューと組んで登場し「本日のスープ」を熱唱。広島からはRCCテレビの人気番組「KEN-JIN」から誕生した「KEN-JIN BAND」(元猿岩石有吉弘行、劇団ひとり、中国放送・横山雄二アナウンサー)が登場。横山アナはスタジオで数々の秘密を暴露されている。
  • 年末年始編成や春秋の改編期の「とくばん」は火曜9時枠時代は生放送が多く、東京ベイNKホールからの生放送もあった。最近では2003年12月18日の回まで通常スタイルの放送をとってたが、2004年4月8日の回から「トーク総集編」が中心の内容に変わったが、2006年あたりから通常のスタイルの放送に戻りつつあり、「トーク総集編」の回は減ってきていた。また、「とくばん」で改編期や年末年始編成を中心に年に3~4回は放送されていた。
  • ここ最近、TOKIOは、スペシャルライブ形式のみしか登場していない(1999年7月1日放送分の出演を最後に)。
  • 2006年6月22日(ゲストの森昌子登場時のみ)、6月29日OAの回では中居が流行性角結膜炎で欠席した為TBSアナウンサーの安住紳一郎がピンチヒッターとして急遽出演した(あくまでピンチヒッターのためか、出演者クレジットはMC 安住紳一郎ではなく、ただの安住紳一郎だった)。
  • 2004年以降は通常のセットをあえて使わず、わざわざ専用セットを作って番組をやる時が多くなった。
  • 女性ユニットや男性アイドルなどの出演時には、「トータライザー」が恒例となっていた。
  • 2006年2月2日の放送で400回を記念した。
  • 司会の石橋貴明は他局の番組とんねるずのみなさんのおかげでした(この番組でも、とんねるずとして木梨憲武と共に司会をしている)で、うたばんでのネタなどを持ち込む事が多々あった。
  • 司会の中居が所属するジャニーズ事務所のタレントは大概出ているが関ジャニ∞はCDデビュー後も2007年6月7日放送分まで出演がなかった(錦戸亮NEWSとしても活動しているのでそれ以前にも出演歴あり)。ジャニーズ事務所のタレントでも曲を出せば必ず出演するというわけではなく出演回数はまちまちである。これはSMAPのメンバーであれ関係ないようで香取慎吾扮する「慎吾ママ」は歌のみの出演。同じく香取扮する「ハットリくん」に限っては一切出演しなかった。
  • 視聴者プレゼントの企画を行ったことがあるが、2002年3月頃の放送で行った際は、あて先を表示し忘れたため、後日の放送で謝罪と共に改めて視聴者プレゼントの応募を募った。
    • これ以外に、同年1月頃の放送で「視聴者全員プレゼント」と称し、番組内でMCの二人がポーズを取った瞬間に季節やイベントなどのCGと2か月分のカレンダーを表示した静止画を6本表示しており、「TV画面を写真に撮ればカレンダーに使える」と説明していた。
  • 「うたばん」以外の番組名候補は「J-POP HOUR」だった。
  • 番組最高視聴率は2001年3月1日の宇多田ヒカル初登場の回で25.0%(ビデオリサーチ調べ)であった。
  • 再び火曜9時に戻ると、11月10日まで本放送をせず、内容も過去の名場面、過去の映像を多用するようになり、歌謡曲ならびに演歌系のアーティストも(時折であるが)出演するようになっていた。

ぴったんこカンカンと違い最後までイブニング5で予告放送されなかった

出演者[編集]

司会(MC)[編集]

準レギュラー[編集]

2006年4月27日放送分にて、TBS女子アナ軍団として出演した際にゲストのSMAP相手に「イカない中居」「きむ…木村、ムキムキ」「毎晩ツヨシ、よつんばい…ま!」等といった傑作回文を連発し、同年6月以降は準レギュラーとなり、クイズコーナーなどで進行役を務めているが、その出演の際には出演アーティストを題材にした回文を披露する事が恒例となっている。(例:嵐の二宮和也「ニノ、たったのに…」)。
2007年8月2日放送分(ゲスト:タッキー&翼)はおたふく風邪を患い出演できず、クイズコーナーの進行は同期の久保田智子アナが務めた。その際、石橋や中居からは「あの顔じゃ出られない」「謹慎?」「不倫?」などと言われたい放題だった。翌週復帰すると「久保田は非常勤」と笑いを取った。
2007年12月はじめは回文封印中であったが13日のIKKO出演放送で解禁した。
たいてい『うたばん専属アナウンサー』と表記される。
  • 前野重雄(「うたばんお宝鑑定団」団長)
    • テレビ東京の『開運!なんでも鑑定団』でスポーツ・社会ものの鑑定士として約10年つとめた元活字系ジャーナリスト。2001年、うたばんに鑑定コーナーをパロディ的に登場させて以来、当初はスポット的出演だったものが、このコーナーの定着化で準レギュラーとなった。ゲスト出演者らの持ち物である品々を、時おり専門ジャンルのプロをまじえて市場価格を語っていた。

その他[編集]

石川梨華のことが“抱きしめてチューしたい”ほど好きだという。
うたばん元祖いじられスタッフ。Gacktが愛用のパンチングマシン「スラムマン」を持って登場した際フルヤマンとして石橋に殴られるなど、体を張った芸も多い。
  • パンチ
うたばんの警備担当。呼称通りのパンチパーマ江頭2:50とは親友。
  • 新谷
「新谷」とは石橋がつけたあだ名で、本名は違うらしい。
うたばんチーフディレクター。
うたばんのプロデューサー。
  • 大塚
うたばんAD。中居と睨み合いになる場合が多いが、大抵は中居が折れている。余談だが、日本ハム建山義紀に顔が似ている。
…ほか

伝説[編集]

上記にも記してあるように賛否両論番組ではあるものの、それ故に、この番組でしかできない企画なども数多く存在する。

  • 一時期は毎週のようにモーニング娘。が出演。この番組のおかげで、彼女達は個人の名前と顔が有名になり、当時の隆盛につながった。
    • 2002年、2003年の「NHK紅白歌合戦」にて中居が当時モーニング娘。だった飯田圭織に対してうたばんで生まれたあだ名「ジョンソン」と呼んでしまった。2003年は開き直って後藤真希に対しても「ごっつぁん」と呼んでいたりしたが2002年は誤って口を滑らせてしまったようであった。2002年の方については後にうたばん内でも話題となった。
    • 2005年に矢口真里が諸事情によりモーニング娘。を脱退した後、初めて顔を出したのがこの番組である。
    • 歴代モーニング娘。メンバーの中では保田圭との絡みが特に有名なところとして挙げられる。デビュー当時、地味なイメージだった保田をこれでもかとイジりまくり、一時期は「モーニング娘。出演企画=保田圭メイン企画」と見受けられるほどの注目を浴びせ、その過激なイジりは良くも悪くも保田が大注目されるきっかけにもなった。

2015年10月9日の金SMAPでこの時の話した。鬼嫁の美咲と違いヤフー乗らなかった

  • 司会の中居の所属事務所であるジャニーズ事務所と犬猿の仲であるヴィジョンファクトリー所属のDA PUMPが歌のみの出演をした事があった。また、とんねるずと不仲説が噂されるダウンタウン浜田雅功も歌のみの出演。テレビ出演の少ない矢沢永吉が一回出演した事も。
  • この番組にてソニンが「高知~韓国マラソン」「6万個の1人ドミノ倒し」という過酷な挑戦をした。この事はテレビ朝日系の「徹子の部屋」や「Matthew's Best Hit TV」でも紹介された。
  • 2002年12月26日の「とんねるずvsSMAP」にてとんねるずチームが勝利した際、木梨憲武がカメラに賞品である照明をぶつけてしまい「オールナイトフジ」以来のカメラ倒しをしてしまった。結局カメラは無事だったが木梨はかなり動揺していたようである。このほか番組内で「一気!」が流れたときに石橋が「オールナイトフジ」のカメラ倒しのパロディを行ったことがある。
  • 2002年にはロンドンブーツ1号2号田村淳が「たむらあつし」として出演した際、当時他では見ることのできないイジられる立場に立たされていた(嫌いなエスカルゴを無理やり食べさせられたり共演者から暴露されたり…)が憧れの石橋との競演ならではの企画である。2004年の「FNS27時間テレビ」より2年も先に行っていたことはある意味伝説である。このとき淳は、前回のロンドンブーツ1号2号としての出演で「僕はとんねるず派。亮はダウンタウン派」という発言をしていたのにもかかわらず、松本人志と飲みに行っていたことを、当時極楽とんぼ山本圭一に暴露され、石橋の機嫌を損ねた(本当に石橋が不機嫌になったかは不明。ネタの可能性もある)。
  • 2003年8月21日に放送300回となった回では、ある番組パロディとして、石橋がよろけながらスタジオに入り、中居とゲストのZONEと数十人のエキストラが全員黄色いシャツを着て、ゴールテープを持ち石橋を迎え入れると言う企画を放送した。
  • 近年のSMAP間のブームはこの番組によるものが多い。
2005年1月20日放送の「うたばんvsSMAPボウリング大会」にて助っ人としてものまねタレントの神奈月が登場し、「なんだよ!流行だよ!」と持ちネタである萩原流行のものまねを披露。それがSMAPのメンバーである香取慎吾のツボに大いにハマりそれ以降、「SMAP×SMAP」(フジテレビ)や「「ぷっ」すま」(テレビ朝日)等に香取が出演した際、萩原流行のものまねをしていた。
同年の8月4日放送の「ビーチバレー対決」にて助っ人として再び神奈月が登場。このときに「何で最近やってんだよ!」と香取に発言。それに対し香取は「ここで見てからオレ、他でやってるんです」とパクりを認めた。また神奈月は、石原良純のものまねをした際、稲垣吾郎に「(良純は)オレが最初に真似してたんだよ!」と言われ「オレがそれをパクったんだよ!」とも言っていた。それ以降、そのとき神奈月がやっていた武藤敬司のものまねを「SMAP×SMAP」等で稲垣等メンバーがすることが多くなった。
一方、この番組のMCである石橋貴明も「はねるのトびら」(フジテレビ)の「待ちに待ったゴールデンだぜSP」等に出演した時に武藤敬司のものまねをしていた。
また、そのときうたばんで共演した助っ人の中に無名芸人だった猫ひろしもいた。そこで彼が披露した「ポーツマス!ポーツマス!」というネタをSMAPが「ミュージックステーション」に出演した時やSMAPライブ内でもするようになった。
SMAP×SMAP』のコント「ダメ人間ですわ」で中居がネタにしていたムッシュかまやつネタや、なかやまきんに君ネタは石橋がこの番組でしたムッシュかまやつの話やなかやまきんに君の芸をまねした事がきっかけといえる。
  • が出演すると、必ずといっていいほど大野智が中居に暴言を吐き、ブチ切れた中居が大野に襲い掛かり、嵐の他のメンバーは中居を必死で制止して大野は石橋に守られながら逃げるという流れになる。もちろん、これはコントであり、「ジャニーズ下剋上」と言う。たまに中居が大野を捕まえることがあるが、大野が中居に指示されて中居を倒したり、取り逃がすことが定番オチである。暴言は石橋が大野に指示して言わせているが、あまりの面白さに大野自身が笑ってしまうこともある。子供には好評らしい。また、このネタをやると全員が疲れるらしい。
  • うたばんにパク・ヨンハが出演したとき、パクの通訳の人の仕草が似たように見えたのか、中居が「いっくんEvery Little Thing 伊藤一朗あだ名)」と呼び、それが石橋のツボにはまったのか『とんねるずのみなさんのおかげでした』の『新・食わず嫌い王決定戦』にてパクが出演した際に「通訳はEvery Little Thingのいっくんです」と紹介していた。
  • 2006年の「NHK紅白歌合戦」にて中居がWaTウエンツ瑛士に対しうたばんで生まれたあだ名「ホラッチョ」と呼び、その後ウエンツがソロに来たとき、ウエンツに謝罪を要求された。
  • 郷ひろみの場合、必ずといっていいほど伝説が出ている。
2005年10月20日には郷がコンビニエンスストアで買い物をする。条件10品に当時番組のスポンサーだった日清食品の「どん兵衛」を買うはずが、「どん兵衛」もどきのライバル社のカップ麺を買ってしまったり、コンビニに行くのにタクシーに乗ったのも伝説になっている。
2006年9月14日には郷がスーパーマーケットで買い物をし、オムライスの材料を買うために出かけたが、その際に派手な装飾をつけた自転車(正確には三輪車)でスーパーまで出かけていった。スーパーにいた女性二人組みの代金も持とうとしたが、財布に1000円しか入っていなかった上に、中居の指令でコンビニでエロ本を買わされた(その場面を通行人に激写された)。料理は初めてといっていたが、出来たオムライスは上出来だった。
2007年5月17日には、郷が石橋・中居の条件を元に、立ち食いそば屋までそばを食べに2006年9月14日の放送同様、派手な自転車に乗ってそば屋まで食べに行った事もあった。その時の所持金は555円(郷にちなんで)しかなく、その際偶然居合わせた郷がCMキャラクターを務める高須クリニック院長高須克弥氏にお金を借りたこともあった。
  • まれに、ADの大塚と中居が睨み合ったりするが、だいたい中居が根負けして謝る。また、この事でロバートが激怒したことがあった。とはいえ、この状況をレイザーラモンHGにねだられた事もあった。
  • 番組中、石橋がスタジオから電話をかけていた際に(ネタで)番組名を偽って「ベルトクイズQ&Q」と言っていたことがある(2回ほど。しかもこの時ご丁寧にも「Q&Q」の初代セットの電飾アニメーションが小さく出ていた)。
  • 1998年3月31日放送の「とくばん」は生放送であったが、その生放送中に、プレゼントの抽選で石橋が抽選箱から出した手紙が木梨憲武からのもので、その後石橋は直接木梨に電話して当選した事を伝えた事がある。
  • ゲストがMC二人にお土産を持参するときは必ず中居のプレゼントはちょうちんペナントである。ちょうちんの場合は「仕込まれた?」と聞くことが多い。
  • 2006年8月10日の放送分でタッキー&翼とゲストを迎え「ドミソ侍」で中居が衣装ごと粉塗れになり、「僕もう(テロップでフジテレビの目玉マークを表記)26時間以外で粉に入るのをやめようって」と話した。
  • 2006年5月の放送では仲間由紀恵withダウンローズの回で中居は「紅白歌合戦」で一緒に司会しようと話し、実現した(この時期に2人共司会に内定していたと言う説もある)。
  • 番組スポンサーがKDDI (au) である為、木村カエラは曲(リルラ リルハ)が他社(vodafone(現:ソフトバンクモバイル))のタイアップソングだった為に出演出来なかったといわれる。一年後にアルバムを発売する際に初出演したがその時歌った曲は「リルラ リルハ」だった。
  • 2006年4月20日の放送では、2002年頃からほぼ帽子orニット帽をかぶらない回がなくなっている中居が久々にかぶらずにうたばんに出演したため、「中居正広久々!帽子かぶってない日記念スペシャル!」として石橋が1996年の初回~その放送日の前週までのハイライトVTRを用意し放送したことがあった。
  • 2007年9月20日放送の「とくばん」で放送1ヵ月前に司会の中居と熱愛報道があった倖田來未がゲストとして出演した。熱愛報道があった二人が(しかも報道まもない1ヶ月という早さで)共演することは非常に稀有なケースである。トークに関しても熱愛報道の話題を盛り込んだものになっていた。
  • TBSの番組でありながらフジテレビの番組から生まれたゲストが出演することがある。2006年5月11日にはチナッチャブルうまッチ!から生まれたユニット)、2007年10月25日にはPaboクイズ!ヘキサゴンIIから生まれたユニット)、11月15日には環境野郎Dチームが出演している。特に11月15日の環境野郎DチームはTBSでありながら、番組の独特の掛け合いを披露。また、中居が行っている掛け合いの全て(次週予告など)を彼らが担当した。その他、他局のドラマから生まれたユニット(特に日テレ土9ドラマで、修二と彰トリオ・ザ・シャキーンなど)やフジテレビ以外の局での番組がきっかけの歌手(特にバブル青田)などの出演もあった。

歴代セット[編集]

  • 初代 1996年10月 - 1997年9月(この初代セットのみ、テーブルには各出演者の前に変わった形をしたマイクが置いてあった。ただし、このセットでは現在のようにテーブルの中にLED表示機は設置されていなかった)
  • 2代目 1997年10月 - 2000年3月(このセット以降、現在までテーブルの中にLED表示機が設置され、「うたばん」および「UTABAN」などとスクロール表示されている)
  • 3代目 2000年4月 - 2004年3月
  • 4代目 2004年4月 - 2010年3月

トータライザー[編集]

女性ユニットや男性アイドルなどのアーティストグループ出演時には、「トータライザー」が恒例となっている。これは1998年モーニング娘。が初めて登場した時から始まった。MC・番組サイドからの質問に当てはまるならスイッチを押すという単純なルールながらその質問が内輪暴露や仲間割れを煽るものが多く過激な内容になることが多かった。この企画は最近あまり見られなくなってしまったものの完成度が高い企画でもあり「うたばん」という番組をよく表現していたため番組ファンからは完全復活を望む声も多い。

うたばんF・N・S歌謡祭[編集]

1999年から2002年までの12月初めごろ、同時間帯の裏番組にフジテレビのFNS歌謡祭がぶつかり、大半のアーティストが出演できないことがあった。その時番組では、今後注目の若手アーティストやお笑い芸人を集め『うたばんF・N・S歌謡祭』と題し、野球推薦などの企画や、「うたばんのど自慢」という企画も行った。ここでいう『F・N・S』 とは『フレッシュ・ノーギャラ・スペシャル』のこと。

  • 1999年12月9日「うたばん野球推薦」
人気の出ないアーティストが石橋とのノックやストラックアウトに挑戦し、成績に応じた時間だけ持ち歌を披露することが出来た。また特待生としてポルノグラフィティが出演した。
男性は1999年と同様に野球を行った。THE ALFEEも出演。女性は「オールスター感謝祭」同様の赤坂5丁目ミニマラソン大会を実施。本物のリディア・シモンが登場し、ぶっちぎりで優勝した。
売り出し中のくずが出演。石橋と中居も手伝っての曲披露となるが、24時を過ぎたため照明が落ちて真っ暗になる。例年よりも少しマジメな歌番組になっていた。
  • 2002年12月5日「うたばんのど自慢」
とんねるずとFNS歌謡祭の出番が無かったSMAPがそろって出演し、それぞれがNHKのど自慢に似せたオリジナルの出し物を行った。またソロになったばかりのソニンが出演するも歌わせてもらえずじまいだった。ちなみにこの回のオープニングとエンディングは8時だョ!全員集合を基にしており、しかもバンドは本家全員集合のバンド(岡本章生とゲイスターズ)であった。企画協力をした都築浩は、「すごく反響があった」と述べており、翌2003年9月25日のSPで完全版(草彅が歌った朝鮮語の歌に訳がついていたり、中居が歌った「ザ☆ピ~ス!」の間奏が長かったもの)が放送された。

大日本名曲歌謡史昭和と平成のベスト50 大発表とくばんSP![編集]

2009年10月20日19:55-21:48(JST)に放送。全国1万人アンケートを元に昭和と平成それぞれの名曲ベスト50を発表する。バラエティー要素は少なく正統派音楽番組として進行した。視聴率は16.3%。

出演ゲスト[編集]

アーティスト[編集]

  • SMAP ※第1回の目玉ゲストでもある。 ※出演回数第2位(2006年9月22日放送「とくばん」より)
  • モーニング娘。 ※出演回数第1位(2006年9月22日放送「とくばん」より)
  • Every Little Thing ※出演回数第3位(2006年9月22日放送「とくばん」より)
    • 持田香織
      当初は伊藤より持田の方がフィーチャーされることが多かった。下ネタに対する受け答えがうまいためMC2人に「下ネタ攻め」を受けたことも。
    • 伊藤一朗
      近年ではボーカルである持田に劣らない人気が出ているがその発祥の場はこの「うたばん」である。2000年頃からキャラクターに火がつきはじめ、その後、伊藤メインの数々の企画も発案され人気沸騰。「いっくん」のあだ名が全国に浸透した。
  • YOSHIKI ※第1回のゲストでもある。
  • B'z
  • LUNA SEA
  • GLAYHISASHIJIROの不仲説が流れ、ものすごく気まずいムードになり、ヤバイと思った中居がお互いの肩に手を置きながらHOWEVERをヒドイ声で熱唱し、その場はなんとか持ちこたえた。そこからうたばんでは、HISASHIとJIROがよくいじられるようになった。その後二人の仲はどうなったのかは不明。
  • L'Arc〜en〜Ciel ※それぞれメンバーの好きな芸能人紹介コーナーでhyde大石恵の名前をあげ、そこに大石恵がサプライズゲストとして登場してお互いの電話番号を交換し、結婚までに至った。二人の初めての出会いがうたばんである。
  • ポルノグラフィティ
  • Mr.Children
  • Gackt ※彼の登場回は目が光に弱いための配慮か、大抵照明が暗く、薔薇が置かれる、または取調室のようなセットなど、独特なものであった。
  • 宇多田ヒカル ※番組最高視聴率25.0%、番組視聴率歴代2位24.5%のゲスト(2006年9月22日放送「とくばん」より)
  • 安室奈美恵
  • 華原朋美 ※第1回のゲストでもある。
  • 一青窈
  • DREAMS COME TRUE
  • KinKi Kids ※出演回数第4位(2006年9月22日放送「とくばん」より)
  • V6 ※V6は収録に来るのが遅いためか、ときどき収録中に深夜0時になり照明が落ちることがある。(三宅談)
  •  ※大野智のひと言(石橋に吹き込まれている)で、中居がキレることが十八番となっている。
  • 関ジャニ∞ ※メンバーそれぞれにあだ名が石橋&中居より命名あり。石橋&中居が絡みにくいと困るのが定番。
  • NEWS
  • TRF
  • T.M.Revolution ※番組内で堺すすむに似ていることが発覚
  • ORANGE RANGE
  • MAX ※番組内で初めて石橋からメンバーそれぞれに番組独自のニックネームが付けられた
  • 鈴木亜美
  • FIELD OF VIEW
  • PAMELAH
  • AIR
  • DEEN
  • ジョー・リノイエ
  • 奥田民生
  • 矢沢永吉
  • 松山千春
  • 布袋寅泰
  • シャ乱Q
  • 松浦亜弥
  • ZONE
  • BoA
  • 島谷ひとみ ※出演回数第5位(2006年9月22日放送「とくばん」より)
  • 中島美嘉
  • 大塚愛
  • タッキー&翼
  • KAT-TUN
  • WaTウエンツ瑛士は中居がつけた「ホラッチョ」というあだ名が浸透しすぎている。第57回NHK紅白歌合戦でも中居がWaTの演奏後、「徹平君、ホラッチョー、ありがとうございましたー!」と言った後にウエンツ本人が「ちょっと」と手振りをした姿がうかがえる。この事は、うたばん内でも1回だけ 検証映像が流れた。また、番組ではウエンツを徹底的ないじられ役に仕立てている。
  • 渚のオールスターズ
  • キグルミ
  • ボン・ジョヴィ
  • RIP SLYME
  • KICK THE CAN CREW
  • RAG FAIR
  • 高橋洋子
  • 宇浦冴香
  • 浜田麻里
  • 絢香
  • aiko

 など

俳優[編集]

など

お笑い芸人・その他[編集]

など

にほひ玉[編集]

※(ヒットのにおいがするアーティストが登場)2006年6月1日

うたばんド天国[編集]

新人バンドを紹介していき、いろいろ発掘していこうというコーナー。通称:うた天、としている。

うたばんR-35[編集]

主なスタッフ[編集]

現在[編集]

  • 構成 : 秋元康野村正浩小原信治、樋口弘樹、今福賢二(いまぷくけんじ)、若尾守重ほか
  • ナレーション : 市川展丈
  • タイトルディレクション : 薮内省吾
  • ジングルディレクション : オムニバス・ジャパン
  • CG : 尾崎至晃、TEAビデオセンター
  • テクニカルディレクター(TD) : 小林敏之
  • ビデオエンジニア(VE): 高松央、高橋康弘、島貫洋
  • カメラ : 井原公二、飯橋俊昭
  • 音声 : 菅原正巳
  • 照明 : 原昇、山下明弘(24時以降も収録することが多いので、途中で真っ暗になるハプニングは定番中の定番)
  • 美術プロデューサー : 中江大志
  • 美術デザイナー : 高松浩則、鈴木直人、中川日向子
  • 美術制作 : 長谷川隆之
  • 装置 : 鈴木匡人、小野寺浩
  • 特殊装置 : 高橋出
  • 装飾 : 篠原直樹
  • 電飾 : 山中秀朗
  • 化粧 : アートメイク・トキ
  • 楽器 : サンフォニックス、高井啓光
  • VTR編集 : 浦辺啓、白澤淳、新井直樹、江川賢市
  • 音響効果 : 勝見勇一
  • MA : 青木有希
  • 技術協力 : エヌ・エス・ティー東通TAMCOティ・エル・シー、東京舞台照明
  • AP : 鈴木慎治久松理絵
  • ディレクター : 大木真太郎古谷英一谷澤美和千野晴己(ちのぱぁ~ん)、柴田猛司/世良田光、伊藤秀人
  • チーフディレクター : 中鉢功
  • プロデューサー : 阿部龍二郎 (2代目・2000年11月~)
  • 制作 : TBSテレビ(旧TBSエンタテインメント)
  • 製作著作 : TBS

歴代スタッフ[編集]

  • 制作 : 田代冬彦
  • プロデューサー : 大崎幹(初代・1996年10月 - 2000年10月)
  • ディレクター : 遠藤環、加藤嘉一、小笠原知宏、岩村隆史
  • テクニカルディレクター(TD) : 河野志朗
  • 音声 : 松岡武男、小澤義春、平井郁雄
  • 照明 : 杉本美智夫、サンライズアート
  • 美術プロデューサー : 西川光三
  • 美術デザイナー : 藤井豊、岡嶋正浩
  • 装置 : 小穴健一
  • 電飾 : 真鍋明
  • VTR編集 : 山本雅英、井手和重
  • MA : 並木丈治

脚注[編集]

  1. 8月16日放送分『とくばん』7.0%、9月13日放送分レギュラー放送最低視聴率5.9%
  2. ただ、こちらも13%前後と視聴率的にイマイチであった
  3. 実質『どうぶつ奇想天外』終了によるつなぎ番組である
  4. この頃は同時に司会の中居が出演している『SMAP×SMAP』や同じく司会の石橋が出演している『とんねるずのみなさんのおかげでした』(ともにフジテレビ)も当時は視聴率が15%以上と以前よりも上昇してきていたが現在では再び10~14%台と下がってきている
  5. 『お茶の水ハカセ』には石橋の相方である木梨憲武が司会を務めている。

外部リンク[編集]