こちら葛飾区亀有公園前派出所

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ)は、「週刊少年ジャンプ」で1976年42号から2016年42号まで連載された秋本治による漫画作品。主に「こち亀(こちかめ)」の愛称で親しまれている。単行本は全200巻。

目次

概要[編集]

ファイル:Statue-of-Ryotsu-Kankichi.jpg
制服姿の両津勘吉像(亀有駅北口)
ファイル:Statue of Happi Coat of Ryotsu Kankichi.jpg
法被姿の両津勘吉(亀有駅南口)

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、警視庁新葛飾警察署の亀有公園前派出所に勤務する中年の警察官両津勘吉巡査長と、その同僚や周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画

1976年(昭和51年)6月22日発売の週刊少年ジャンプ29号に、月例ヤングジャンプ賞入選作品(4月期)の読み切り「こちら葛飾区亀有公園前派出所」として掲載され、同年9月21日発売の同誌42号から連載を開始した。

読者は「こち亀」(一般的)・「派出所」・「亀有」・「両津」などと略して呼び、一定の略称は長い間存在しなかったが、「下町奮戦記」(1988年)の頃に作者が「これからはこち亀と略してください」とコメントしたことをきっかけに略称の一定化が押し進められたと思われ要出典、「こち亀」が事実上の公式な略称として定着している。雑誌連載時の各話数は「第○○亀」という通し番号が使用されていたが、最近では「第○○話」とされていることが多い。

連載当初の作者のペンネームは、当時の人気漫画『がきデカ』の作者山上たつひこをもじった山止たつひこ(やまどめ たつひこ)名義だった。次の連載でペンネームを本名に変えようと考えていたものの、思いのほか人気が出て連載が続き、山上たつひこからクレームがついたこともあり、連載100回目を区切りにペンネームを止め、本名の「秋本治」名義に変えることになった。

また、それを印象付けるために、レギュラー・キャラクターとして秋本・カトリーヌ・麗子を登場させた。

2006年に連載30周年を迎え、週刊少年ジャンプ誌上で「こち亀30周年企画」として前代未聞の試みが行われ、2007年には連載通算1500回を迎えた。30年以上にわたる長期連載で週刊誌にもかかわらず、一度も休載していないことでも知られ、「少年誌の最長連載記録」のギネス記録の保持ている長寿コミックである。コミックスの売り上げは累計1億3000万部以上にものぼる。

メディアミックスもさかんで1977年に初の実写映画化、1985年にジャンプのイベントでアニメ映画化(後述)された。フジテレビではアニメ化のために約10年にも渡ってラブコールを続けてきた。その一方で「中年の警察官を主役に据えたアニメが成功するわけがない」という声が大きかったが、1996年6月にテレビアニメ化され、多くの下馬評をひっくり返し、一定の成功を収めた。1999年2003年にはテレビアニメ版をもとにアニメ映画が作られている。テレビアニメは2004年12月にレギュラー放送としては終了したものの、その後も特別番組としてしばしば復活している。 放送終了原因は、グッズが売れなかった為、スポンサーが降りたとされている。

1999年からは、テレビアニメで両津勘吉の声を務めたラサール石井により舞台化され好評を博し、2006年までに4度の公演を行なっている。他にもテレビゲームやフィギュアセットなど、こち亀グッズは多岐にわたる。

また、かなりの長期連載であるため、作品内でかなりの矛盾点がめだつ。 例・「寮のおばさんの名前」「中川の金銭感覚」「両津の30代半ばという年齢設定と少年時代」「両津の性格」 等が矛盾するため、いくつか時間軸があると考えてもよい。

一般社会にも影響を与え、浅草神社には「生まれも育ちも浅草の両さん」にちなんで、本作単行本総発行部数1億3000万冊突破記念の石碑が建立されている。また、JR亀有駅北口には地元の商店街により両津勘吉の銅像が建てられ、2006年2月11日、作者の秋本治、テレビアニメで両津勘吉の声を務めたラサール石井が出席して除幕式が行われた(テンプレート:n)。のちに、南口にも両津勘吉の銅像が建てられ、2006年11月18日に除幕式が行われた。2006年3月3日にはアリオ亀有内にこち亀ゲームぱ~くがオープンした。

2001年に第30回日本漫画家協会賞大賞、2005年に第50回小学館漫画賞審査委員特別賞を受賞。

世界のこち亀[編集]

コミックスは中国語版や韓国語版が出ている。中国語でのタイトルは「烏龍派出所」。テレビアニメ版はポルトガルインドスペインフランス台湾などで放送されている。

作品の舞台と設定の推移[編集]

ファイル:Kameariekimae-Kitaguchi Koban.jpg
亀有公園前派出所のモデルとなった亀有駅北口交番

主な舞台は亀有公園前派出所がある東京都葛飾区亀有地区、両津勘吉の実家がある東京都台東区浅草を中心とした下町東京23区東部。ただし、話の展開によっては、日本国内はもとより全世界、宇宙、天国、地獄、過去、未来などを縦横無尽に駆け巡る。

亀有公園前派出所[編集]

亀有公園は亀有駅北口からすぐの所に実在するが、亀有公園前派出所は実在しない。(実際大正時代には存在した。)一昔前には、こち亀へのファンレターをこの住所に送ると、そのファンレターが何故か作者秋本治のスタジオ「アトリエびーだま」に届くという現象があった(ジャンプコミックス第34巻の作者コメントに書かれている)。なお、派出所とは交番の旧称である(一部地域では警察官が常駐していない所謂空き交番を「警備派出所」という名称で残されているところもある)。

亀有警察署~葛飾警察署~新葛飾警察署[編集]

連載開始から10数年の間、亀有公園前派出所の所属する警察署は実在する「亀有警察署」だった。しかし、1992年頃の自主規制の際に、既刊コミックスも含め全て「葛飾警察署」に修正された。その後、10年近くの間「葛飾警察署」を名乗っていたが、2002年12月10日に本田(ほんでん)警察署が葛飾警察署と改称し、「葛飾警察署」が実在する警察署になってしまったことから、「葛飾警察署」の庁舎改築、再改築というネタを経て、「新葛飾警察署」へと名称変更した。

アニメ版では「かつしか署」と表記され、外観は実在の亀有警察署庁舎をモデルにしたものになっている。

登場人物[編集]

こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物 を参照

コミックス・関連書籍[編集]

ジャンプコミックス[編集]

コミックスには主に週刊少年ジャンプに連載した作品が収録されている。ただし、全て連載順に収録されているわけではなく、諸般の事情により収録順が差し替わるか、次巻に持ち越され、あるいは表現の問題から収録されない話が出ることがある。

  • 第1巻の第1話が「始末書の両さんの巻」となっているが、これは連載前の読み切り作品で、雑誌掲載時にはサブタイトルはなく、コミック収録の際に新しく付けられたものである。
  • 第4巻の第1話「派出所自慢の巻」が1992年頃の自主規制で削除され、差し替える形で『こちら葛飾区亀有公園前派出所 下町奮戦記』描き下ろし作品「野球狂の男の巻」が巻末に収録された。
  • 第1巻から第6巻までは、旧ペンネームの「山止たつひこ」名義で出版された版が存在し、これらの単行本の希少価値が高い。尚、ペンネームの変更に合わせて巻末の解説に使用されている「山止先生」「ミスターヤマドメ」などの言葉が「秋本先生」「ミスターアキモト」等に変更され、一部、文が変更されている。
  • 1巻~44巻の作者紹介は、初期は実際の写真だったが、45巻からはイラストに変わり、1~44巻の写真もイラスト(疑似モーフィングになっている)に差し替えられている。ちなみに写真は1巻~3?巻迄は白黒、3?巻~44巻はカラー写真が使用されている。尚、141巻はレトロにした装丁の為、現在唯一作者紹介に作者の写真が使用されている。これと同時にカバーのタイトル・巻数表示・裏表紙のバックの部分の色の濃さ等が変更されている巻がある。例(17巻):紫から青紫に変更
巻数 サブタイトル 背表紙 初版発行日(奥付) 巻末コメント
1 早うち両さん!?の巻 両津勘吉 1977年7月9日 小林よしのり
2 敵もさるもの!!の巻 両津勘吉(2回目) 1977年9月30日 五十嵐夕紀
3 消えた派出所!?の巻 両津勘吉(3回目) 1977年11月30日 太田裕美
4 亀有大合唱!?の巻 両津勘吉(4回目) 1978年2月28日 せんだみつお
5 取りしまり日よりの巻 両津勘吉(5回目) 1978年5月31日 アグネス・ラム
6 亀有のダビンチの巻 両津勘吉(6回目) 1978年9月30日 三遊亭楽太郎
7 ラジコン決戦!の巻 両津勘吉(7回目) 1979年2月28日 若人あきら
8 アドリブ旅行…の巻 両津勘吉(8回目)
秋本・カトリーヌ・麗子
1979年6月15日 桑江知子
9 アイドル・ポリスの巻 両津勘吉(9回目) 1979年9月15日 内藤陳
10 部長代行の日!?の巻 両津勘吉(10回目) 1979年12月15日 車田正美
11 麗子巡査登場の巻 両津勘吉(11回目) 1980年2月15日 中島みゆき
12 ギャンブル狂時代の巻 両津勘吉(12回目) 1980年4月15日 あらんどろん
13 拳銃無宿!?の巻 両津勘吉(13回目) 1980年6月15日 ツービート
14 バイク男・本田!!の巻 両津勘吉(14回目) 1980年8月15日 林家らぶ平
15 ローラー大作戦!!の巻 両津勘吉(15回目) 1980年11月15日 イエス玉川
16 大和魂保存会!?の巻 両津勘吉(16回目) 1981年1月15日 吉見佑子
17 劇画刑事・星 逃田(ほし とうでん)!の巻 両津勘吉(17回目) 1981年4月15日 小柳トム
18 カメ型人間!の巻 両津勘吉(18回目) 1981年7月15日 林家しん平
19 ああ!忍車部隊の巻 両津勘吉(19回目) 1981年11月15日 所ジョージ
20 真夜中のパイロット!の巻 両津勘吉(20回目) 1982年1月15日 水越けいこ
21 本口リカ登場の巻 両津勘吉(21回目) 1982年4月15日 香川登枝緒
22 今夜は無礼講!!の巻 両津勘吉(22回目) 1982年7月15日 矢代まさこ
23 さらば!わが友よの巻 両津勘吉(23回目) 1982年9月15日 吉田照美
24 バーバーの恐怖の巻 両津勘吉(24回目) 1982年12月15日 安田栗之助
25 両津家の人びとの巻 両津勘吉(25回目) 1983年3月15日 谷山浩子
26 両津式貯蓄法!?の巻 両津勘吉(26回目) 1983年6月15日 九十九一
27 アメリカよいとこ!?の巻 両津勘吉(27回目) 1983年8月15日 コンタロウ
28 新雪之城変化!?の巻 両津勘吉(28回目) 1983年10月15日 林家こぶ平
29 ハローグッバイ!の巻 両津勘吉(29回目) 1983年12月15日 桜金造
30 親子水いらず!?の巻 両津勘吉(30回目) 1984年3月15日 コント赤信号
31 全日本パチプロ大会!の巻 両津勘吉(31回目) 1984年6月15日 怪物ランド
32 悪魔がやってきた!の巻 両津勘吉(32回目) 1984年9月15日 鳥山明
33 ターニング・ポイントの巻 両津勘吉(33回目) 1984年12月15日 岸部シロー
34 幹事の苦労!?の巻 両津勘吉(34回目) 1985年2月15日 高千穂遥
35 東京留学!?の巻 両津勘吉(35回目) 1985年5月15日 荻野目洋子
36 両さんの長崎旅行の巻 両津勘吉(36回目) 1985年8月15日 新沢基栄
37 結婚の条件の巻 両津勘吉(37回目) 1985年11月15日 布川ゆうじ
38 必殺正月カットの巻 両津勘吉(38回目) 1986年1月15日 高田文夫
39 銀座の春の巻 両津勘吉(39回目) 1986年3月15日 少女隊
40 東京住宅事情の巻 両津勘吉(40回目) 1986年5月15日 神谷明
41 南の島のバカンスの巻 両津勘吉(41回目) 1986年7月15日 斉藤由貴
42 人生は夢のごとく…の巻 両津勘吉(42回目) 1986年9月15日 一本木蛮
43 ボーナス争奪戦!の巻 両津勘吉(43回目) 1986年11月15日 次原隆二
44 両津和尚!の巻 両津勘吉(44回目) 1987年1月15日 永井豪
45 シルバー・ツアーの巻 両津勘吉(45回目) 1987年3月15日 竹内志麻子
46 思い出のパリの巻 両津勘吉(46回目) 1987年5月15日 爆風スランプ
47 江戸っ子すし講座の巻 秋本・カトリーヌ・麗子(2回目) 1987年8月15日 堀江しのぶ
48 白銀はよぶ!の巻 両津勘吉(47回目) 1987年10月15日 大沢悠里
49 なんてたって愛ドールの巻 両津勘吉(48回目) 1987年12月9日 渡辺めぐみ
50 恋の沖えらぶの巻 両津勘吉(49回目) 1988年2月15日 さいとうたかを
51 ハワイアンパラダイスの巻 両津勘吉(50回目) 1988年4月15日 なぎら健壱
52 黄金の鯱伝説!!の巻 大原大次郎 1988年6月15日 おきゃんぴー
53 浅草ラプソディーの巻 中川圭一 1988年8月15日 森川由加里
54 両さん人間ドックへいくの巻 秋本・カトリーヌ・麗子(3回目) 1988年10月15日 嘉門達夫
55 S.S.(スペシャルセキュリティ)チーム誕生の巻 本田速人 1988年12月11日 大川興業
56 ローザンヌの休日の巻 戸塚金次 1989年2月15日 あろひろし
57 浅草物語の巻 寺井洋一 1989年4月15日 ウガンダ
58 両津大明神の巻 丸出ダメ太郎 1989年6月15日 楳図かずお
59 お化け煙突が消えた日の巻 度怒り炎の介 1989年8月15日 清水勲
60 体力株式会社の巻 日暮熟睡男 1989年10月15日 本宮ひろ志
61 我がなつかしき少年時代の巻 星逃田 1989年12月10日 ちばてつや
62 嗚呼、愛しのF40(エフフォーティー)の巻 北条正義 1990年2月15日 原哲夫
63 わが町・上野の巻 花山里香 1990年4月15日 山田洋次
64 下町交番日記の巻 花山小梅 1990年6月15日 伊集院光
65 大江戸神輿大騒動!!の巻 麻里愛 1990年8月15日 望月三起也
66 追跡200キロ!の巻 恵比須海老茶 1990年10月15日 はた万次郎
67 新任警官麻里愛(マリア)♡登場の巻 ボルボ西郷 1990年12月9日 タケカワユキヒデ
68 カナダ翻堕羅(ホンダラ)拳法珍道中の巻 麻里晩 1991年2月15日 寺沢武一
69 中川の父登場の巻 白鳥麗次 1991年4月15日 豊田有恒
70 暴走機関車の巻 中川龍一郎 1991年7月15日 石ノ森章太郎
71 勝鬨橋ひらけ!の巻 本口リカ 1991年9月15日 林静一
72 激走機関車レースの巻 チャーリー小林 1991年11月15日 尾崎亜美
73 突撃!クレーンゲームの巻 石頭鉄男 1992年1月15日 漫☆画太郎
74 バッカス両津!の巻 両津銀次 1992年3月15日 坂崎幸之助
75 麻里愛(マリア)・最大の宿敵! の巻 両津金次郎 1992年6月15日 浅草キッド
76 浅草七ツ星物語の巻 御所河原金五郎之助佐ヱ門太郎
1992年8月9日 小俣雅子
77 ご乱心!?両津和尚の巻 麻里稟 1992年10月7日 KAN
78 兄として…!の巻 冬本 1992年12月7日 バカルディ
79 白鬚橋の思い出の巻 屯田吾目須 1993年2月9日 徳弘正也
80 麗子の大胆写真集!?の巻 1993年4月7日 藤子・F・不二雄
81 ボルボの初デート!?の巻 佐々木洋子 1993年6月9日 森田まさのり
82 光の球場!の巻 秋本優 1993年8月9日 とみさわ千夏
83 携帯電話魔!の巻 麻里今日子 1993年10月9日 ビッグ錠
84 絵崎教授の哲学の巻 絵崎コロ助 1993年12月7日 北条司
85 ザリガニ合戦!?の巻 聖羅無々
聖羅美茄子
1994年2月9日 小山高生
86 出現!南国パラダイスの巻 西郷小金丸 1994年4月9日 辻真先
87 友情の翼!の巻 インチョキ堂店主 1994年6月8日 平松伸二
88 わがまま上司Z1(ズイワン)!の巻 本田伊歩 1994年8月9日 大島やすいち
89 下町 素盞雄(すさのお)神社祭の巻 絵崎春子 1994年10月9日 古城武司
90 警察手帳進化論!の巻 絵崎夏子 1994年12月7日 赤塚不二夫
91 突撃!電波・両さん?の巻 絵崎秋子 1995年2月8日 えんどコイチ
92 親愛なる兄貴への巻 絵崎冬子 1995年4月9日 横山智佐
93 恋人!?ジョディー登場!の巻 爆竜鬼虎 1995年6月7日 みなもと太郎
94 ベーゴマ名人両津!!の巻 ジョディー・爆竜・カレン 1995年8月9日 広井王子
95 浅草サンバカーニバルの巻 乙姫菜々 1995年10月9日 大友克洋
96 両津線本日運行!?の巻 竜千士氷 1995年12月6日 さくまあきら
97 浅草シネマパラダイスの巻 本田改造 1996年3月9日 井上雄彦
98 電脳ラブストーリーの巻 電極スパーク 1996年5月15日 矢沢あい
99 格闘ゲーマー警官登場!!の巻 左近寺竜之介 1996年8月7日 富田安紀良
100 インターネットで逢いましょうの巻 両津勘吉(51回目) 1996年11月6日 村上龍
101 両さん夏の一日の巻 秋本・カトリーヌ・麗子(4回目) 1997年3月9日 衛藤利恵
102 古都の走馬灯の巻 中川圭一(2回目) 1997年6月9日 藤井みほな
103 プリクラ大作戦!の巻 麻里愛(2回目) 1997年8月9日 陸奥A子
104 無いちっちたまごっちの巻 大原大次郎(2回目) 1997年10月8日 大貫亜美PUFFY
105 (秘)麗子フィギュア発売中!?の巻 本田速人(2回目) 1997年12月9日 亜月裕
106 浅草お盆グラフィティの巻 麻里稟(2回目) 1998年2月9日 佐藤真樹
107 螢里鉄道の夜の巻 早乙女リカ 1998年4月8日 甲斐よしひろ
108 遠い放課後の巻 左近寺竜之介(2回目) 1998年6月9日 多田かおる
109 CIRCUS SYMPHONY(サーカス シンフォニー)の巻 ボルボ西郷(2回目) 1998年8月9日 くらもちふさこ
110 超婦警・磯鷲早矢(いそわしはや)登場!の巻 磯鷲早矢 1998年10月7日 ユースケ・サンタマリア
111 ニュー麻里愛(マリア)誕生!?の巻 磯鷲剣之介 1998年12月8日 佐山陽規
112 東京名所・大江戸ランドの巻 ジョディー・爆竜・カレン(2回目) 1999年2月9日 宮本充
113 左京の弓の巻 両津勘吉(52回目) 1999年4月7日 岸間信明
114 両さん京都訪問記の巻 秋本・カトリーヌ・麗子(5回目) 1999年6月8日 家中宏
115 亀有名画座物語の巻 両津勘吉(53回目) 1999年8月9日 麻生かほ里
116 Love Maria(ラブ マリア)の巻 両津勘吉(54回目) 1999年10月9日 林家こぶ平
117 南国タヒチで夏休み!!の巻 星野リサ
品田虎三
マーチン
1999年12月7日 高松信司
118 江戸っ娘・擬宝珠纏(ぎぼしまとい)の巻 擬宝珠纏 2000年3月8日 森尾由美
119 両さん板前になる!?の巻 擬宝珠檸檬 2000年5月6日 岩崎征実
120 両さんのミレニアム婚!!の巻 擬宝珠夏春都 2000年7月9日 ラサール石井
121 聖橋白線流しの巻 桜野くらら 2000年9月9日 米沢りか
122 トロピカルDEアミーゴの巻 両津勘吉(55回目) 2000年11月7日 尾田栄一郎
123 伊歩の結婚の巻 ミレニアム刑事 2001年1月11日 高橋和希
124 大江戸野球の巻 繰巣陣 2001年4月9日 梅澤春人
125 京都ものがたりの巻 貌丹邑ヤークト・パンテル 2001年6月9日 浅美裕子
126 祭りの日に…の巻 擬宝珠蜜柑 2001年8月8日 にわのまこと
127 父をたずねて…21世紀!の巻 秋本・カトリーヌ・麗子(6回目) 2001年11月7日 ラサール石井
128 幻の“神の舌”の巻 電極+ 2002年1月10日 伊藤明賢
129 両さんの「犬の生活」!の巻 秋本フランソワーズ 2002年4月9日 大河内奈々子
130 東京銭湯絵巻の巻 ラッキー 2002年6月9日 原金太郎
131 檸檬(レモン)初三社祭の巻 飛鷹右京 2002年8月7日 清水宏
132 独立!!警視庁戦車隊の巻 ラジ野コン太郎 2002年11月6日 斉藤レイ
133 なぎなた対決!の巻 飛鷹左京 2003年1月11日 坂本あきら
134 檸檬(レモン)と蜜柑(みかん)の巻 美少女刑事 2003年4月9日 岸祐二
135 磯鷲(いそわし)武道館着工の巻 日鷹日光
日鷹月光
2003年6月9日 海津義孝
136 ぼくたちの東京タワーの巻 海野土佐ェ門 2003年8月9日 三浦理恵子
137 爆走神田祭の巻 汚野たけし(海パン刑事) 2003年11月9日 原史奈
138 憂鬱(ゆううつ)帰京すの巻 お祭り刑事 2004年1月10日 齋藤彩夏
139 飛べ!コンコルドの巻 両津勘吉(56回目) 2004年4月7日 小宮孝泰
140 通天閣署!御堂春(みどうはる)登場!!の巻 × 2004年6月9日 若菜章夫
141 希望の煙突の巻 両津勘吉(57回目) 2004年8月9日 矢吹健太朗
142 人生相談まかせなさいの巻 擬宝珠檸檬(2回目) 2004年11月9日 河下水希
143 大阪はわての地元でんがな!の巻 御堂春 2005年1月10日 尾玉なみえ
144 4年に一度の日暮(ひぐらし)祭の巻 日暮熟睡男(2回目) 2005年4月9日 和月伸宏
145 20年今昔物語(ストーリー)の巻 ニセ麗子(両津勘吉) 2005年6月8日 小畑健
146 出会いの橋の巻 鮫島祭 2005年8月9日 岸本斉史
147 記憶にないわしの誕生日の巻 後流悟十三 2005年11月9日 許斐剛
148 大阪万博開幕やで~の巻 芦原レイ 2006年1月10日 浅草神社禰宜 矢野幸士
149 京都祇園祭旋風の巻 飛燕碧 2006年4月9日 稲垣理一郎
村田雄介
150 100円ショップ大論争!!の巻 ニセ麗子(両津勘吉)(2回目) 2006年6月7日 水野英子
151 ようこそアキバヘ御主人様の巻 秋本・カトリーヌ・麗子(7回目) 2006年9月9日 ゆでたまご
152 亀有に両津がやってきた!の巻 中川圭一(3回目) 2006年11月7日 モンキー・パンチ
153 交通博物館物語の巻 大原大次郎(3回目) 2007年1月9日 水島新司
154 線路は続くよ!どこまでも!?の巻 本田速人(3回目) 2007年4月9日 矢口高雄
155 100人両さん大暴れ!の巻 擬宝珠纏(2回目) 2007年6月9日 里中満智子
156 ハガキ将棋対決の巻 麻里愛(3回目) 2007年8月8日 久保帯人
157 おさるの電車物語の巻 2007年10月4日 星野桂


コミックスにはさまざまな仕掛けやおまけがついている。

巻数 おまけ要素 備考
1 「交通安全’76」 週刊少年ジャンプ1976年36号掲載
25~26 背表紙を揃えると両津勘吉の顔が出来る
41~46 背表紙を揃えると寝そべった両津勘吉が出来る
55 亀有派出所新聞 週刊少年ジャンプ1987年30号掲載
70 表紙のタイトルの書体が、69巻収録「新たなる旅立ちの巻」のものに
80 「SUPER POLICE WOMEN'S STORY MARIA&REIKO」 週刊少年ジャンプ1992年5号掲載
90 カバー裏におまけ漫画 初版のみ
100 下記に別途記載
101 カバー裏に「101匹両さん大行進」 初版のみ
110 オリジナルステッカーつき 初版のみ
111~ こち亀コミックスプレビュー 既刊の案内板
118 表紙が全て手書き 既刊案内の『ヒカルの碁』を『ヒカルの』と書いている。
128 「おしえて両津先生」 週刊少年ジャンプ2001年9月18日増刊『コミックカメダス』掲載
150 ホログラムのタイトル 初版のみ 
151~155 下記に別途記録
156~ 縦書きから横書きに戻る

100巻は、初版本のみ特典が目白押しだった。

  • カバータイトルロゴが箔押し
  • シリアルナンバー入り(懸賞用)
  • カバーを取ったデザインが3種類
  • カバー裏におまけマンガ
  • スペシャルブロマイド
  • カラーページ
  • こち亀銀行券
  • 巻末のジャンプコミックス紹介部分がすべてこち亀


151巻から155巻のコミックスは、かなりの変更点がある。

  • 3コマ漫画劇場
  • カバーや、目次などが縦書き。
  • タイトルがゴシック体から変更。
  • 両津教授のなんでもベスト5(全6回)

背表紙がベスト5のネタになっている。

    • 151巻の背表紙:秋本麗子=セクシー麗子ベスト5
    • 152巻の背表紙:中川圭一=ぶっこわれ中川ベスト5、セクシー麗子ベスト5その2
    • 153巻の背表紙:大原大次郎=部長の怒り落ちベスト5、セクシー麗子ベスト5その3
    • 154巻の背表紙:本田速人=本田の悲惨なシーンベスト5

それ以降は上記の全てが無くなった。

愛蔵版コミックス[編集]

  • 『こちら葛飾区亀有公園前派出所 下町奮戦記』(1988年12月)

テーマ別の傑作選。週刊少年ジャンプ増刊号などに掲載されたコミックス未収録の番外編4話(小林よしのりとの合作も含む)、書き下ろし作品「野球狂の男の巻」が収録されている。

JUMP COMICS DELUXE[編集]

こち亀の解説と詳細な分析を行なっている大全集。イミダスのパロディ。『Kamedas』では1~76巻、『Kamedas2』では77~127巻までをカバーしている。他漫画家との合作漫画や、作者へのインタビューなど内容が濃い。

JUMP MAX ジャンプ特別編集 こちら葛飾区亀有公園前派出所[編集]

1994年12月から発売された冊子版。全6巻。毎回ユニークな懸賞品があった。

JUMP J-BOOKS こちら葛飾区亀有公園前派出所 両さんの下町少年時代編[編集]

1995年3月に発売された小説版。脚本家の小山高生との共著。

集英社文庫コミック版[編集]

1995年8月から発売が開始された文庫版。

  • 「こちら葛飾区亀有公園前派出所 秋本治自薦こち亀コレクション」(全25巻)
  • 「こちら葛飾区亀有公園前派出所ミニ 秋本治自薦こち亀コレクション アンコール」(全4巻)
  • 「こちら葛飾区亀有公園前派出所 大入袋」(全10巻)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 -読者が選ぶ傑作選-[編集]

1996年12月に発売された新書判コミックス。読者が選んだ10本と、1000話達成記念に行った「読者によるこち亀構想募集」の最優秀作「日暮2号!?登場の巻」が収録されている。また黒を基調としたカバーであるが、これは当時スニーカーなどの別注(特別注文品)は黒が多かったためだと後に作者は語っている。

こちら葛飾区亀有公園前派出所(SUPER JUMP REMIX)[編集]

2001年8月から発売が開始された冊子版。第7弾まで出ている、。

両さんと歩く下町―『こち亀』の扉絵で綴る東京情景[編集]

2004年11月に発売された集英社新書。こち亀の扉絵を題材に、その舞台となった亀有柴又浅草外神田隅田川周辺など東京下町について語り、こち亀の制作秘話も明かしている。映画監督の山田洋次と対談も収録されている。

こち亀 千両箱[編集]

2005年発売。両津の少年時代のエピソードが10話収録されている。一部作品は掲載当時のままカラー収録されているほか、「おばけ煙突が消えた日」は特別にフルカラーで掲載されている。「友情の翼!の巻」は作者の当初の構想に基づき、『千両箱』用に改稿されている。

でかめ

2005年の非売品で『こち亀 千両箱』発売記念企画の景品。その名の通りサイズが大きく、「大きい」ことに関連する作品数話が収録されている。

超こち亀(超こち亀道楽BOX)[編集]

2006年9月に発売された書籍。超こち亀を参照。

アニメ版こちら葛飾区亀有公園前派出所[編集]

1996年6月16日から2004年12月19日まで、フジテレビ系列で、日曜日19:00~19:30に放送された。現在、CS放送のアニマックスフジテレビ721東海テレビテレビ静岡再放送されている。また、テレビ新広島では、年数回(学校の長期休暇の時)、平日昼前のローカル番組が休止になる場合、その時間帯に再放送されている。

設定等[編集]

原作を元にした作品だが、一部のキャラの設定が異なっている。また、アニメオリジナルのキャラクターも登場している。 こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物 を参照

1997年ポケモンショック以後、各局のテレビアニメでは視聴者向けに“部屋を明るくして、テレビから離れてみるように”といった趣旨のテロップを冒頭に流すようになったが、こち亀では番組冒頭でレギュラー・キャラクターが“テ・テ・テレビを見るときは~部屋を明るくして離れて見てね!”と合唱して注意を促す、20世紀フォックスのロゴをモチーフとした“注意ロゴ”の前で両津が視聴者に「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てくれよ!」と口頭で注意を促すというユニークな手法を取った。

ちなみにアニメ製作していたスタジオぎゃろっぷの場所は東京都葛飾区内ではなく、東京都練馬区上石神井西武新宿線武蔵関駅近辺である。さらにアニメ内で両津は映画以外の回で一度ロケット弾を食い止めようと都営大江戸線練馬駅からロケット弾を外に出した経緯がある。

地方局での放送[編集]

特別番組版[編集]

2004年12月19日の「アニメ大忘年会祭り!! こち亀最終回! サザエまる子ルフィで両さん8年間ありがとうスペシャル」枠内で放送された『さよなら両さん大作戦』をもってレギュラー放送は終了となったが、その後も不定期に特別番組としてスペシャル時に復活し、レギュラー時代同様フジテレビで放送されている。

過去放送したSP版は下記の通り。(放送時間はすべてフジテレビにおけるもの)

「お正月だヨ お年玉アニメスペシャル」の枠内で放送(8:35~9:05 一部地域のみ)。
  • 2005年3月27日『両津VS泣き虫アイドル!? 日本1周大すごろくゲーム!!』
「お待たせッ! 両さんも揃って大興奮! 桜満開アニメスペシャル!!」の枠内で放送(19:54~20:54)。
さとう珠緒が声優に挑戦し、“泣き虫アイドル・くるみ”として出演した。
  • 2005年10月23日『両さんと忠犬ラッキー物語 ~亀有大包囲網をかわせ!!~』
「サザエさん生誕60周年結婚秘話など大公開! まる子両さんルフィもお祝いだよアニメSP」で放送。
この話の中では海外ドラマ『24』のパロディで、画面が分断され、中央にデジタル時計が表示するおなじみの演出がなされた。
  • 2006年4月2日『走れ!両津式チンチン電車~思い出の大次郎号~』
「祝ちびまる子ちゃんドラマ化決定&サザエさん生誕60周年&こち亀30周年をルフィもドンとお祝いするゾ!SP」でが放送された。
  • 2006年9月24日『両津の浅草リニューアル大作戦!!~あぁ 思い出の花やしき~』
「サザエさんも秋祭りこち亀は30周年大活躍ワンピースも2本立て超豪華アニメSP!!」で特別版が放送された。
通常『ワンピース』を放送している時間枠(9:30~10:00)にて前・後編に分け、2週連続で放送(一部地域のみ)。『シートン探検隊!隅田川の誓い~思い出の白い鯨を探せ!』後編終了後に、2007年秋(9月30日『ONE PIECE』を放送している時間枠(9:30~10:00))の特別番組の予告が流れた。
8月放映のスペシャル同様、ワンピースを放送している時間枠にて前編・後編分け、2週連続放送。
9月放映の真のアニメ最終回スペシャル。

スタッフ[編集]

  • 企画:清水賢治→金田耕司→藤山太一郎→小中ももこ→浜野貴敏(フジテレビ)、杉山豊→松下洋子(ADK)
  • プロデューサー:金田耕司(フジテレビ)、松下洋子→三宅将典、生田英隆(ADK)、若菜章夫、別府幸司→池牟禮誠→杉村重郎→河村義治(ぎゃろっぷ)
  • プロデューサー補:萬代知→笹田直樹、山崎立士(ADK)
  • 監督:やすみ哲夫三沢伸高松信司高本宣弘鴫野彰
  • キャラクターデザイン・総作画監督: 丹内司、山内昇寿郎(途中まで)
  • 脚本:山田隆司岸間信明雪室俊一、平見瞠、西園悟もとひら了玉井☆豪十川誠志
  • 演出:やすみ哲夫福本潔、山吉康夫、米たにヨシトモワタナベシンイチ、田部伸一、上田芳裕、善聡一郎、松浦錠平、高橋幸雄、高瀬節夫、高柳哲司、大野和寿、岡本達也、岡崎幸男、福多潤、康村諒吉本毅、多田俊介、鶴田寛、吉田俊司、和田裕一、高遠和茂、小野勝己、山崎友正、芦沢剛史、長崎五郎、石川敏浩、棚橋一徳、栗山美秀、渡辺健一郎、藤原良二、山口美浩、石田博、山田雄三、飯島正勝、泰義人、安形裕篤、吉川浩司、栗本宏志、森脇真琴、菱川直樹、佐々木皓一、木宮茂、三家本泰美、小滝礼、日下部光雄、小林智樹、萩原路光、筒井義明、山崎浩司、清水明、秋比呂、山田一男、いわもとやすお、久保太郎、石田暢片貝慎、井硲清貴、牛草健、高本宣弘
  • 作画監督:村木新太郎、七海修、松本清、平山英嗣、服部一郎、原勝徳、香川久、平岡正幸、金子匡邦、奈須川充、梶浦紳一郎、原憲一、山内昇寿郎、丹内司、小林一幸、榎本明広、佐久間信一高橋晃、亀井隆、尼野浩正、飯田宏義、塚本哲哉、寺沢伸介、増谷三郎、工藤柾輝、落合正宗、時永宣幸、吉田光昭、天川五月、山崎隆生、高成雲、森川均、小川夏美、嶋津郁雄、南伸一郎、桜井木ノ実、原田峰文、日高真由美、倉川英揚、岡迫亘弘、飯村一夫、安藤幹彦、小林一三、西城隆詩、山崎展義、野口啓生、飯野亨、若山佳治、田辺久、北崎正浩、高橋和徳、松本朋之
  • 美術監督:柴田聡
  • 背景:スタジオフォレスト
  • 撮影監督:小堤勝哉→清水泰宏→枝光弘明→赤沢賢二
  • 撮影:ぎゃろっぷ、トランス・アーツ、ティ・ニシムラ、スタジオ雲雀、東現アニメルーム、サザンクロス、サンシャインデジタル、三晃プロダクション、スタジオパートナー、他
  • 編集:瀬山編集室→中川晶男、近藤康弘
  • 編集助手:内野寿乃
  • 音楽:米光亮佐橋俊彦
  • 音響演出:藤山房伸高桑一
  • 音響製作協力:神南スタジオ
  • ビデオ編集:東京現像所
  • 録音/調整:依田章良
  • キャステイング協力:松田誠、原田美穂(ネルケプランニング
  • 文芸設定:鶴田寛
  • 効果:新井秀徳(フィズサウンドクリエイション
  • 広報:熊谷知子→城ヶ崎祐子→為永佐知男→北野あすか→正岡高子(フジテレビ)
  • スタジオ:代々木アニメーション学院原宿スタジオ、神南スタジオ
  • 製作担当:小林功治
  • 製作デスク:池牟禮誠→草間稔→近藤誠
  • アニメーション制作:ぎゃろっぷ
  • 制作:フジテレビ、ASATSU→ASATSU-DK→アサツー ディ・ケイ→ADK

提供スポンサー[編集]

主題歌[編集]

オープニング・テーマ[編集]

  1. 『夏が来た!(Diamond Head)~「渚の女王様」より』 1話(1996年6月16日)~12話(1996年9月22日
    作詞:サンプラザ中野 作曲:Danny Hamilton 編曲:西脇辰弥 歌:女王様
  2. 『Everybody Can Do!』 13話(1996年10月22日)~38話(1997年4月27日
    作詞:山本成美 作曲:秋元直也 編曲:秋元直也 歌:TOKIO
  3. 『葛飾ラプソディー』 39話(1997年5月4日)~135話(1999年7月25日
    作詞:森雪之丞 作曲:堂島孝平 編曲:中山努・堂島孝平 歌:堂島孝平
  4. 『こちら亀座の女』 136話(1999年8月1日)~144話(1999年11月21日
    作詞:つんく♂ 作曲:つんく♂ 編曲:小西貴雄 歌:山田修とハローナイツ
  5. 『おいでよ亀有』 145話(1999年12月5日)~208話(2000年12月24日
    作詞:ラサール石井 作曲:佐橋俊彦 編曲:佐橋俊彦 歌:両津勘吉とこち亀うぃ~ん合唱団
  6. 『だまって俺についてこい』 209話(2001年1月14日)~324話(2003年9月21日
    作詞:青島幸男 作曲:萩原哲晶 編曲:池多孝春 歌:天童よしみ
  7. 『葛飾ラプソディー~ヤムヤムversion~』 326話(2003年10月12日)~最終話(2004年12月19日
    作詞:森雪之丞 作曲:堂島孝平 編曲:Yum!Yum!ORANGE 歌:Yum!Yum!ORANGE

エンディング・テーマ[編集]

  1. 『スマイル』 1話(1996年6月16日)~12話(1996年9月22日
    作詞:渡辺慎 作曲:渡辺慎 編曲:渡辺慎 歌:ホフディラン
  2. 『いいことあるさ』 13話(1996年10月27日)~38話(1997年4月27日
    作詞:加藤ひさし 作曲:加藤ひさし 編曲:伊藤銀次ザ・コレクターズ 歌:ザ・コレクターズ
  3. 『淑女(レディー)の夢は万華鏡』 39話(1997年5月4日)~72話(1998年2月22日
    作詞:森雪之丞 作曲:佐橋俊彦 編曲:岩本正樹 歌:奥菜恵
  4. ブウェーのビヤビヤ』 73話(1998年3月1日)~124話(1999年3月21日
    作詞:所ジョージ 作曲:所ジョージ 編曲:井上鑑 歌:所ジョージ
  5. 『"Kyun"』 125話(1999年4月4日)~145話(1999年7月25日
    作詞:牧穂エミ 作曲:春畑道哉 編曲:春畑道哉、池田大介 歌:Kanae
  6. 『君と僕』 146話(1999年8月1日)~153話(1999年10月31日
    作詞:平義隆 作曲:平義隆 編曲:The LOVE富田謙 歌:The LOVE
  7. 『気持ちだよ』 154話(1999年11月21日)~163話(2000年1月23日
    作詞:康珍化 作曲:吉田拓郎 編曲:瀬尾一三 歌:吉田拓郎
  8. 『毎日、ノープロブレム』 164話(2000年1月30日)~176話(2000年4月23日)、178話(2000年5月7日)~208話(2000年12月24日
    作詞:うえのけいこ 作曲:佐橋俊彦 編曲:佐橋俊彦 歌:小町&奈緒子(三浦理恵子三橋加奈子
  9. 『ロボ刑事番長の歌』 177話(2000年4月30日
    作詞:西園悟 作曲:山崎利明 編曲:山崎利明 歌:両津勘吉(ラサール石井
  10. 『おいでよ亀有』 209話(2001年1月14日)~247話(2001年12月23日)、282話(2002年10月6日)~293話(2002年12月29日)、335話(2004年1月18日)~353話(2004年6月13日)、最終話(2004年12月19日
    作詞:ラサール石井 作曲:佐橋俊彦 編曲:佐橋俊彦 歌:両津勘吉とこち亀うぃ~ん合唱団
  11. ナイスな心意気』 248話(2002年1月6日)~274話(2002年7月21日
    作詞:戸沢暢美 作曲:飯田建彦 編曲:石塚知生 歌:(「アラシ」名義)
  12. 『夏が来た!(Diamond Head)~「渚の女王様」より』 275話(2002年8月4日)~281話(2002年9月15日
    作詞:サンプラザ中野 作曲:Danny Hamilton 編曲:西脇辰弥 歌:女王様
  13. 『テツandトモのなんでだろう~両さんバージョン~』 294話(2003年1月5日)~305話(2003年3月23日
    作詞:テツandトモ 作曲:トモ 編曲:三沢またろう 歌:テツandトモ
  14. 『テツandトモのなんでだろう~こち亀バージョン~』 306話(2003年4月6日)~315話(2003年6月22日
    作詞:テツandトモ 作曲:トモ 編曲:三沢またろう 歌:テツandトモ
  15. 『Hai,Irasshai』 316話(2003年7月6日)~325話(2003年10月5日
    作詞:NICEGUY人 作曲:NICEGUY人 歌:NICEGUY人
  16. 『語れ! 涙!』 326話(2003年10月15日)~334話(2004年1月11日
    作詞:SEX MACHINEGUN 作曲:SEX MACHINEGUN 編曲:SEX MACHINEGUN 歌:SEX MACHINEGUN
  17. 『ジュゲム~こち亀バージョン~』 354話(2004年6月20日)~366話(2004年12月12日
    作詞:古典落語川崎敏郎 作曲:関川秀行 編曲:関川秀行 歌:両津勘吉and大江戸台風族

関連CD・DVD[編集]

バンダイビジュアルでは、ビデオ(通常放送)、DVD(両さん奮闘編)をレンタルしている。ビデオは全32巻、DVDは毎月末にリリース。スペシャル版はビデオで数巻出されたままで出品が止まっており、製造も未定である。また、このアニメのセレクションDVDも発売されている。

  • コロムビアから過去に2枚の音楽集が発売されたが2枚とも廃盤となり、オークション・中古販売でも入手困難とされたが、2007年3月21日に「音楽集」が再販される。「音楽集弐」の再販については未定である。なお、月光刑事のテーマなど、未収録曲も多数存在するが、これらのCD化はされていない。(「音楽集弐」の中では、他にも楽曲があり次の音楽集の発売をほのめかすような記載もあった。)その他、劇場版のサウンドトラックが2枚存在する。
    • こちら葛飾区亀有公園前派出所 音楽集 2007年3月21日発売(再販)
    • こちら葛飾区亀有公園前派出所 音楽集 1997年2月21日発売(廃盤)
    • こちら葛飾区亀有公園前派出所 音楽集弐 1997年8月21日発売(廃盤)
    • こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE オリジナルサウンドトラック 1999年12月18日発売
    • こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 オリジナルサウンドトラック 2003年12月17日発売

番組の変遷[編集]

フジテレビ日曜日19時台前半枠
前番組こちら葛飾区亀有公園前派出所次番組
キテレツ大百科ONE PIECE
※19:00~19:28
(→30分繰り上げ)

平成教育2005予備校
※19:28~19:58
(→セールス上の後番組)

その他の映像作品[編集]

映画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(1978年)[編集]

1978年の正月映画として、「トラック野郎 男一匹桃次郎」と二本立てで公開された。 原作はなく、映画オリジナルのストーリー。 東映系で、監督は山口和彦、脚本は鴨居達比古Gメン'75のメンバーが特別出演した。なお、登場人物の名前が一部変更されている。

幻のアニメ版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(1985年)[編集]

1985年、「ジャンプ・スペシャルアニメ・大行進イベント」用として製作、会場上映された作品(初のアニメ化)。 第43巻第7話「罰当たり!両さんの巻」、第43巻第7話「シルバー・ツアーの巻」の二本立て。 なお、一部のキャラクター設定が異なっている。
1988年に週刊少年ジャンプのプレゼント景品としてビデオソフト化され当選者に配付されたが、その後20年余経過した現在に至るまで一般販売はされておらず、現在では視聴は極めて困難。
タツノコプロの制作で、監督は笹川ひろし、脚本は小山高男、演出は津田義三、 キャラクターデザインはアンモナイト、美術監督は中村光毅、音楽は松井忠重。 サウンドトラックもでている。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE」[編集]

アニメ版を映画化したもの。前述の実写版とは異なり、東宝系で上映。TVアニメ版の視聴率が堅調で、ファミリー層に受け入れられていたため、同じ東宝系の『映画ドラえもん』(1980年~2004年・2006年~)、『映画クレヨンしんちゃん』(1993年~)、『劇場版名探偵コナン』(1997年~)のようにヒットすることが期待された。だが興行収入は不振に終わり、上記3作品とは違い次の年も続けて映画化されることはなかった。

そして8年間続いたアニメ作品ということもあって、2003年末にも再び東宝系で映画化されるが、前作以上の不入りに終わる。

その他[編集]

1970年代末(詳細年月日不詳)にテレビ朝日系のバラエティ番組『週刊漫画 ゲラゲラ45』の1コーナーでスタジオコント劇として放映された。

1980年、『宇宙怪獣ガメラ』の作中で、コミックス18巻収録「カメ型人間の巻」が紹介され、亀有公園前派出所が登場し、桂小益が両津を意識した警察官として登場する。ちなみにこの警官は予告編にもガメラを見て「でっかいな~」と言う役で出演している。

2003年頃、亀有派出所で問題ばかり起こした両津が銀座の歌舞伎座前派出所に移動になるという設定で、「こちら東銀座歌舞伎座前派出所」という作品の予告が行われた。実際に当時のオープニングの歌詞も変更(亀有の部分が銀座に)されたが1回限りで次の回には両津が亀有派出所に戻り歌詞も元通りになった。

舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」[編集]

ラサール石井が脚本・演出も担当している。アニメ版の主題歌として使われた「おいでよ亀有」は元々この舞台版の主題歌であった。2006年の『舞台版 こちら葛飾区亀有公園前派出所 ~30周年だよ!おいしいとこ取りスペシャル!!~』はフジテレビ721で放送された。

舞台版 こちら葛飾区亀有公園前派出所(1999年)[編集]

1999年7月14日8月15日の期間、銀座亀有神戸大阪滋賀の5つの劇場で公演。

舞台版 こちら葛飾区亀有公園前派出所(2001年)[編集]

2001年7月27日9月2日の期間、亀有大阪名古屋静岡浜松銀座の6つの劇場で公演。

舞台版 こちら葛飾区亀有公園前派出所 ~海パン刑事の逆襲・檸檬も出るのじゃ!~[編集]

2003年8月6日8月30日の期間、銀座、土浦富山、大阪、名古屋の5つの劇場で公演。

舞台版 こちら葛飾区亀有公園前派出所 ~30周年だよ!おいしいとこ取りスペシャル!![編集]

2006年8月3日8月13日 新宿・全労済ホール スペース・ゼロ

作風の変化[編集]

30年間以上にわたる長期連載のため、時代によって作風はかなり異なる。

  • 連載当初は、派出所内の警察の活動を中心にスラップスティックブラック・ユーモアを軸とした劇画タッチのギャグ漫画だった。キャラ設定が落ち着き、読者の人気を得て連載が軌道に乗ると、人情物やSF物、あるいはジャンプの他の人気作のキャラクターをゲスト出演させるなど、実験的な手法も織り混ぜ始めた。
  • 1980年代初期 - 中期は、とみさわ千夏や、あろひろしうすね正俊など優秀なアシスタントに恵まれていたこともあり、台詞の機微や背景の細かい書き込みなどで笑わせるテクニックが増えた。
  • 1980年代後期から1990年代中盤までは、更に実験的な手法による漫画表現(相原コージ『ムジナ』にも通じる)を追求し、また、「両津の少年時代編」、「アイディア物」など挑戦的・実験的な作品が世に送り出された。
  • 1990年代中盤からは、たまごっちインターネットテレビアニメなどのサブカルチャーを中心にした回が増え始めて、新レギュラーキャラが続出。この傾向は2000年以降も続いている。
  • 作者は、女性の描き分けが苦手だと公言しており、90年代中ごろまでは、アシスタントが作画を担当するモブ(背景の群集)を除くと、あまり積極的に女性キャラクターは登場させず、また作画も似通っていた。Mr.Clice連載以降、女性キャラクターの描き分けに積極的になり、レギュラー・準レギュラーとして女性キャラが追加されるようになった。女性キャラクターの描写は、外国人やハーフの女性はもちろん、日本人であっても長身かグラマラスな体形であることが多い。2000年頃に、レギュラー・準レギュラー級の女性キャラクターのデザインをリニューアルした。具体的には、目のデザインと極端なバストの強調を行ったが、非常に不評だったため、元の画風に戻されている(超こち亀での作者コメントより)。
  • 連載が長期にわたるため、画風については当然ながら年々変化している。作者自身も、過去の画風を再現したエピソードでは、過去の単行本を参考にわざわざ真似して描いているほどである。
  • 1990年代以降、坂本昭悟が主な背景画やモブを担当するようになってからは、彼のタッチ(イラスト調)がそれ以前とは異なるため、批判が多い。ただし、同時期から積極的に作品の方向性に変化を求めた結果、作風そのものが変化した結果でもある。また、連載のごく初期を除くと、元々背景はアシスタントの担当であり、秋本治の画風とは異なる(80年代頃は、男性のモブは、比較的に秋本の画風をデフォルメした趣だが、女性キャラは、当時のアニメ絵そのものだった)。

以上の変化から「どの時代の『こち亀』をおもしろいと思うかでその人の世代がわかる」とも言われている。


自主規制・改訂問題[編集]

  • 1980年代中盤までは全般的に規制が緩かったため、「過激な台詞」はそのままコミックスにも収録されていた。しかし、1980年代後半から1990年代中盤にかけて雑誌メディアに蔓延した自主規制の風潮を受けて、1992年頃までの改訂で亀有警察署は全て葛飾警察署と書き改められたのを始め全ての「過激な台詞」が削除・改変された。
  • また、第3巻第7話「射殺命令!?の巻」が「テレビ出演の巻」にタイトル変更され、第4巻第1話の「派出所自慢の巻」に至っては欠番扱い(理由として旧日本軍を連想させる描写があるためと思われる)になっている。第96巻「コンビニ天国!!の巻」では、大地震でもコンビニは開いているという設定だったが、直後に阪神大震災が発生したため、内容を水害に差し替えてコミックスに収録した。
  • 作者や当時のアシスタントが書き込んでいた背景のお遊びもほぼ消されている。細かい箇所まで含むと、改訂箇所は実に数千箇所以上に及ぶ。初期作品を近年の改訂版で読む際は、当時の原作のままでない事に留意する必要がある。
  • 「コミックスには時代背景の注釈をつけた上でオリジナル版を掲載して欲しい」との根強い意見があるが、出版社の無断改変ではなく、原作者自身の意思による「修正」であるため、その可能性は皆無といっていい。
  • 警察不祥事・犯罪については非常に慎重に避けられている。また、不祥事に限らず、警察そのものへの批判につながりかねない題材は、両津個人の不始末として落ちを付けることが多い。

実在の事件や社会/時事問題[編集]

  • ベレンコ中尉亡命事件を下敷きにした20巻「真夜中のパイロット!の巻」。
  • 三億円事件をネタにした話が数回ある(12巻「ボーナスはまだか!?の巻」など)。
  • 三億円事件、青酸コーラ事件ロッキード事件を解決できない警察をなじる発言(4巻「亀有大合唱!?の巻」。但し青酸コーラ事件の発言のみ、現在の版は台詞の改訂で削除)。
  • 東京都のごみ袋が半透明・名前記入に統一される時、実施日が急遽1994年1月17日に延期になってしまったため、「(予定通り1993年10月1日に実施されたと仮定して読んでくれ」と扉絵で説明した上で、実施後の問題点を想像して取り扱った86巻「大東京ゴミ事情!の巻」。
  • 阪神大震災発生後には、両津が支援金を募金したり、お仕置きで「救援物資」として被災地に送られたり(93巻「テレビ電話時代!?の巻」)、麗子が避難所に支援物資を届けたり被災者の援助や対応をしている姿(96巻「麗子のプライベートの巻」)が描かれた。
  • 136巻「両さんの春スキー!?の巻」で、「山奥県フランス市大字モンブラン字モンブラン」という地名が登場する。市町村合併によって南アルプス市西東京市などわかりにくい地名が日本全国で登場しているのを皮肉ったものである。
  • 実在の有名人が出てくることも多い。この傾向は連載初期からあり、アグネス・ラム太田裕美が有名。また秋本やアシスタントが好きな芸能人に関しては、セリフや背景の書き込みなどによく記述されている(ビートたけし中島みゆきYMO斉藤由貴など)。Puffy大貫亜美が中川とデートする回や葛飾署イメージソングを作曲するために中川の友人として登場した小室哲哉なども存在する。たけしはドラマにも登場した。

両津の少年時代編[編集]

  • 中学時代を描いた20巻「ガキ大将!勘吉」などを経て、1980年代半ば頃から両津の少年時代を描いたエピソードが登場し始める。「浅草物語」が「Kamedas」および連載1000回時での読者の人気投票で1位になるなど、ノスタルジーと人情を描いたエピソードを好む読者は多く、現在も年に1回くらいのペースで発表されている。
  • 時代設定は昭和30年代(≒1960年 - 1964年)後半、両津勘吉が小学校4年生前後の話が多い。この年齢設定は作者の年齢にほぼ準じている。
  • 2014年7月7日掲載は巻末の秋本治のコメントに寄ると実際に資料調べたとの事。
  • 巻頭カラーの時が多い。
  • 2014年10月6日は例外で現在の京都が舞台だった。
  • 2015年9月7日は現在の東京の祭りだった(巻末コメントで作者がコメントした)。

関連項目[編集]

寺崎寅男。ショムニの人物。2017年5月13日のSMAP駅で両津と共演した

外部リンク[編集]

Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・こちら葛飾区亀有公園前派出所を利用して作成されています。変更履歴はこちらです。