マスメディア

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

マスメディアは、新聞社、出版社、放送局などのマスコミュニケーションの媒体の事。


概要[編集]

大衆の娯楽欲求に答えるべく行動している。公共機関ではなく民間企業であるため様々な制約を受ける。最大の制約は金である。売れなければ潰れてしまうため、業種により得意不得意が生じる。


テレビ[編集]

あまり複雑な事を述べるには向かない。分かりやすさを優先するため、複雑な理由で起こった結果を述べるとき、単純化して述べる傾向がある。
保護された産業であるため国に頭が上がらないのが現状。そのため頻繁に国を批判しているふりをする。しかし新規参入者がいなく利益は莫大であるため、新興企業や投資家から常に狙われている。

新聞[編集]

テレビに比べると多少複雑で難解な事を述べる事ができる。しかし浅く広くが基本である。
テレビ登場以前は最大級のメディアであり、影響力も強かったが、最近はネットの登場、文字を読む事を好まない世代の登場などにより危機に直面している。

[編集]

テレビ、新聞にくらべると自由度が高い。浅く広い内容でも、狭く深い内容でも自由に選択できる。さらに日本では図書館設備が充実しているため、簡易に古い出版物を閲覧する事が可能である。
しかし多種多様なためテレビや新聞とは異なり影響力は弱く国民の洗脳、統制には使えない。