倖田來未

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
倖田 來未
倖田 來未

倖田 來未(こうだ くみ、本名:神田 來未子(こうだ くみ)、1982年11月13日 - )は、日本女性歌手

英語表記はKumi Kodaエイベックスrhythm zone所属。

京都市伏見区出身。身長154cm。スリーサイズはB90、W60、H85 (Fカップ)。

同じく歌手のmisonoは実妹である。


来歴[編集]

2000年 - 2002年 デビュー・下積み・ヒットの出ない時代[編集]

倖田 來未

DREAMS COME TRUEのライブビデオを観て、歌手に憧れ芸能界入りを志す。1999年京都精華女子高等学校在学中にテレビ東京で放送していたオーディション番組『ASAYAN』内「モーニング娘。追加メンバーオーディション」において2次審査を通過したが、先行して行われていたエイベックス(エイベックスエンタテインメント)主催のオーディション「avex dream 2000」にて準グランプリを受賞。痩せていないという事で落選するはずのところだったが、面談で「キャラクターがあった」ということで受賞したという経緯がある。これにより同社でレッスンやトレーニングを無償受講できる権利、同社との専属契約権を獲得した。

2000年12月6日エイベックスrhythm zoneレーベルよりデビュー決定。先にアメリカで「KODA」名義でデビューし、1stシングルTAKE BACK」は全米で先駆けて発売。全米ビルボードダンスポップセールスチャートで初登場20位、最高18位を記録した。しかし、日本のオリコンチャートでは「TAKE BACK」が初登場59位以降、大きなヒットとはならなかった。当時は音楽番組に出演しない路線をとり、もっぱらクラブなどで歌っていた。彼女はその当時を振り返り、「辛かったけど夜中3時ごろに歌ったりして、声帯が強くなったり度胸が据わったりした。下積み時代に感謝している」と語っている(『倖田式』より)。

余談ながら、この歌手デビューの日は水樹奈々と同じである。 このことは2013年10月26日の音楽祭りで語っていた

2003年 - 2004年 ヒットによる浮き沈み[編集]

倖田 來未

2003年スクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売されたプレイステーション2用ゲームソフト『ファイナルファンタジーX-2』のテーマ曲歌手に抜擢され、7thシングル「real Emotion/1000の言葉」がオリコンチャート初登場3位で累計23万枚のヒットとなった。しかし、その勢いはなく、後のシングルセールスには恵まれなかった。

そして2004年、当時の彼氏の励ましもあり8kgのダイエットに成功し、後の「エロかっこいい」とマスコミから呼ばれる彼女の歌手としてスタイルが確立された。露出度の高い服装やPVなどがマスメディアを中心に話題となった。本人も友情出演した映画キューティーハニー』の主題歌「キューティーハニー」を収録した11thシングル「LOVE & HONEY」が久々のオリコンチャート初登場4位を記録した。

2005年- 2006年 BEST〜first things〜、12週連続リリース、BEST〜second session〜[編集]

2005年、4thアルバム『secret』がオリコンチャート初登場3位、累計50万枚のヒットとなった。ライブやPVではバスト美脚を意識した露出度が高い服装を披露し、その独自のスタイルが「エロかっこいい」と形容される。16thシングル「Butterfly」が初登場2位と自己最高記録を更新。その勢いに乗り5年間の集大成となるベストアルバムBEST〜first things〜』を発売。総合的に人を楽しませるエンターテイナーを目指している(『倖田式』より)。ベストアルバムの発売時に「ベストアルバムがミリオンセラーとなったら、クラブママをやります」と宣言し、ミリオンセラーを記録。1日限定で銀座に「club 倖田」を開店した。同年12月7日から翌年2月22日まで、世界初の試み「12週連続シングルリリース」を行う。その第1弾シングルである19thシングル「you」は、自身初のオリコンチャート初登場1位を記録した。同年12月31日第47回日本レコード大賞を受賞した。一方では、受賞曲「Butterfly」は最高2位・年間85位であったため、レコード大賞が掲げる「大衆に影響を与えた楽曲」という条件を満たしていないのではないかという指摘もあった。そして、同日『NHK紅白歌合戦』に初出場した。

2006年も年明け早々オリコンチャートで3楽曲同時トップ10入りという2003年B'z以来、そして女性アーティストでは初の快挙を成し遂げた。同年3月8日に12週連続発売シングルを全て収録したベストアルバム『BEST〜second session〜』を180万枚売り上げた。 同年3月、第20回『ゴールドディスク大賞』にてアーティストオブザイヤーを受賞。

2006年 - 2007年 〜Black Cherry〜、歌手以外での活動[編集]

倖田 來未

5月24日には、自身もゲスト出演した関西テレビフジテレビ系ドラマ「ブスの瞳に恋してる」の主題歌恋のつぼみ」を発売。発売前から着うた配信が100万ダウンロードを記録する等、話題をさらった。7月26日には、自身初の4曲入りシングルとして話題を集め、自身のシングル史上最高売上を記録した32ndシングル「4 hot wave」を発売。リリースに併せて1日限りの海の家を開店したイベント倖田浜を開催し、ライブイベントを行った。また、初の写真集『MAROC』を発売した。10月18日には、同じメロディーで歌詞とアレンジが違うというコンセプトシングル「夢のうた/ふたりで…」をリリース。初登場1位を記録した。そして、12月にはモンスターアルバムと銘打たれた、5thアルバム『Black Cherry』を発売。150万枚を初回出荷したこの作品は、オリコンチャート4週連続1位を獲得。これは、2006年発売の女性アーティストのオリジナル盤としては最高記録となった。特典として、自身初の主演ドラマが収録された。後に累積売り上げ枚数で100万枚を突破し、オリジナルアルバムとしては自己最高記録となった。同年12月16日に第39回日本有線大賞12月30日には日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。

2007年3月14日に、35枚目のシングル「BUT/愛証」と、バラードベストアルバム「BEST~BOUNCE & LOVERS~」を同時発売。2週間後にLIVE DVDも発売し、3作連続リリースと話題になった。夏には、4曲入り全曲本人出演TVCMタイアップソング収録の36枚目シングル「FREAKY」を発売し、リリースイベントを開催。全世界同時生中継をされる。9月12日には37枚目のシングル「愛のうた」を発売。ノンタイアップながらロングセールスを記録した。12月には東方神起とのコラボシングルをリリース。 『KODA KUMI LIVE TOUR 2007〜Black Cherry〜』の最終公演では彼女の念願であった東京ドーム公演を開催。「愛のうた」では第21回日本ゴールドディスク大賞 邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞、ベストヒット歌謡祭・ポップスグランプリ、日本レコード大賞3年連続金賞受賞を果たした。また、2007年は自身プロデュースにより、ミュージックビデオなどで着用している7柄20色の振り袖「倖田來未Kimono Collection」を発表。政府広報「ストップ!いじめ」にチャリティー・パーソナリティとして参加、パチンコ「KODA KUMI FEVER LIVE IN HALL」を発表し、TVCMにも登場し話題となった。

2008年 失言騒動と活動自粛、そして復帰[編集]

倖田 來未

2008年1月30日には、6thアルバム1月『Kingdom』を発売。倖田王国をテーマに掲げてジャケット写真も撮影されている。アルバム収録全曲のMUSIC VIDEOを撮影し、販売するという画期的なアルバムとなった。同月29日、ラジオ「倖田來未のオールナイトニッポン特別番組」内での「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくるんですよね」と発言したことが問題となる。公式・エイベックスニッポン放送サイトで自らの発言に対する謝罪文を掲載した。30日、アルバムのプロモーション活動を全面自粛し自宅謹慎することを発表。CM出演中の企業サイト休止やCM放送の中止という事態に及んだ。2月7日、報道番組内で「結婚したばかりの女性マネージャーに、早く子供を産んでほしいという気持ちからの発言であったが、(医学的)知識のない中、軽はずみな言動で多くの人に誤った知識を伝え、その心を傷付けた」と涙ながらに謝罪した。一方、6thアルバム『Kingdom』は、プロモーション活動の全面自粛にも関わらずオリコンアルバムチャートで、初登場1位を獲得した。4月13日、ツアー『KODA KUMI LIVE TOUR 2008 〜Kingdom〜』静岡エコパアリーナで72日ぶりにファンの前に姿を見せ、5月26日、「BEAT CRUSADERS ヒダカトオルのオールナイトニッポン」内で失言について謝罪。5月30日、自粛後初のTV「ミュージックステーション」出演で本格的に活動再開を果たした。6月11日には復帰シングル『MOON』をリリース。

その後は6月21日、プロ野球セ・パ交流戦巨人×ソフトバンク戦の始球式を務めた他、a-nationに初の全公演出演、8月1日、オールスターゲーム (日本プロ野球)君が代を独唱、8月7日、神宮外苑花火大会スペシャルライブ出演、8月15日、J-WAVELIVE2000+8出演、9月22日からは初のファンクラブイベント『KODA KUMI FAN CLUB EVENT 2008「Let's Party Vol.1」』を7会場11公演で行い、11月21日 - 12月25日にはクリスマスイベント『HEP FIVE×倖田來未「Lovers Xmas」』を行うなど、様々なイベントに出演した。また、2008年10月7日24時からは、インターネットラジオBrandnew Jの「Standby OH! MY RADIO」、24時30分から「OH! MY RADIO」の火曜日のナビゲーターに就任した。 10月18日には、「TABOO」を発売。R&Bを前面に押し出したダンスナンバーに仕上がった。このシングルの発売に合わせて1日限りのライブイベント「KODA KUMI Dirtyball room ~One Night Show」を新木場STUDIO COASTで開催。12月24には、「stay with me」をリリースした。

2009年 - 2010年 〜TRICK〜の発売、実妹misonoとコラボ、〜BEST〜third universe〜 & 8th AL "UNIVERSE"〜、デビュー十周年へ[編集]

2009年3月31日に、実妹misonoとのコラボレーション曲「It's all Love! 」を発売する。オリコンランキング発表開始以来、兄弟・姉妹ユニットとして初の初登場首位を獲得。初登場週以外での獲得を含めても、兄弟・姉妹ユニットによる首位は、ビリー・バンバン(メンバー構成:男2)、フィンガー5(男4女1)、ノーランズ(女5)に続く史上4組目で、姉妹としては2組目の記録。1980年11月24日付のノーランズ「ダンシング・シスター」以来、28年5ヶ月振りの記録となった。3月25日には企画盤として、「KODA KUMI DRIVING HIT'S」「OUT WORKS & COLLABORATION BEST」を同時リリース。7月にはパチンコ台の第2弾「KODA KUMI FEVER LIVE IN HALL 2」を発表。9月16日にはシングル「Alive/Physical thing」をリリース。ライブ音源を収録するなど初の試みを行った。10月3日と4日に台湾、台北市の国立台湾大学総合体育館にて、自身初の単独海外公演を開催した。 「紅白歌合戦」では、実妹misonoと競演。競演曲である「It's all Love!」と、自身の楽曲「Lick me」を披露した。

2010年2月3日には、ベストアルバムとオリジナルアルバムがバンドルされた『BEST〜third universe〜 & 8th AL "UNIVERSE"』を発売。4月からライブツアー『KODA KUMI LIVE TOUR 2010 UNIVERSE』を行い、10月6日発売の同ライブDVDはオリコンチャート第1位を獲得。これは2005-2010年まで6年間の首位獲得連続年数がソロアーティスト歴代単独1位の記録となる。7月3日、4日には、横浜スタジアムにて 自身初の単独屋外ライブ「Koda Kumi Dream music park」を開催。この模様はスカパー!にて3D映像での生中継が行われた。7月7日には豪華4曲+1曲の「Gossip Candy」をリリース。リリースに併せてUstreamで倖田來未本人を5日間密着取材するという企画を行った。8月からは「セブンイレブン」と“美容、健康、ダイエット”をコンセプトに6商品をプロデュースしたダイエット商品を発表した。期間限定商品であったものの、各商品の売上は好調で、販売延長となった。「セブンイレブン」とのコラボレーションを記念した1日限定海の家を8月1日に開催。本人がプロデュース商品を宣伝し、ライブも行った。9月22日には、シングル「好きで、好きで、好きで。/あなただけが」をリリース。3つのバラードを収録し、ひとつのストーリーとなる3曲のMUSIC VIDEOも製作した。10月13日、初のカバーアルバム「ETERNITY〜Love & Songs〜」がリリース。実妹misonoの楽曲や、郷ひろみ松田聖子など幅広い年代にアピールできる楽曲を収録。10月12日から24日まで、東京・大阪で自身初となるBillboard Liveにてライブを開催。12月5日、自身2度目となる東京ドーム公演「10th Anniversary KUMI KODA Tokyo Dome Live:FANTASIA」を開催。

2011年 〜デビュー11年目へ突入[編集]

2011年2月2日に49枚目のシングル「POP DIVA」を発売。それと同時に自身2冊目となる書籍『倖田歴』を発売した。2月23日には、「ETERNITY〜Love & Songs〜」の発売に合わせて行われたBillboard Liveの模様を収録したLIVE DVD「KODA KUMI "ETERNITY~Love & Songs~"at Billboard Live」を発売予定。3月2日には待望の9th ALBUM「Dejavu」をリリースし、オリコンチャート1位を獲得した。 2015年9月20日はハイネのライブ出てハイネとコラボした。鬼嫁日記の美咲のせいでスッキリしか放送されなかった 12月6日にライブしたが非公開だった可能性ある。秋葉原とワットと違いワイドショーで放送されなかった為 2016年8月2 日のエイベックスライブでライブした。スッキリによると出たようだ

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

倖田 來未
倖田 來未
倖田 來未
発売日 タイトル
1st 2000年12月6日 TAKE BACK
2nd 2001年5月3日 Trust Your Love
3rd 2001年10月3日 COLOR OF SOUL
4th 2002年3月13日 So Into You
5th 2002年7月24日 love across the ocean
6th 2002年12月11日 m・a・z・e
7th 2003年3月5日 real Emotion/1000の言葉
8th 2003年8月27日 COME WITH ME
9th 2003年12月10日 Gentle Words
10th 2004年1月15日 Crazy 4 U
11th 2004年5月26日 LOVE & HONEY
12th 2004年7月28日 Chase
13th 2004年9月8日 奇跡
14th 2005年1月19日 hands
15th 2005年4月13日 Hot Stuff feat. KM-MARKIT - 3万枚限定生産
16th 2005年6月22日 Butterfly
17th 2005年8月10日 flower
18th 2005年9月7日 Promise/Star
19th 2005年12月7日 you
20th 2005年12月14日 Birthday Eve - 5万枚限定生産
21st 2005年12月21日 D.D.D. feat. SOULHEAD - 5万枚限定生産
22nd 2005年12月28日 Shake It Up - 5万枚限定生産
23rd 2006年1月4日 Lies - 5万枚限定生産
24th 2006年1月11日 feel - 5万枚限定生産
25th 2006年1月18日 Candy feat.Mr. Blistah - 5万枚限定生産
26th 2006年1月25日 No Regret
27th 2006年2月1日 今すぐ欲しい - 5万枚限定生産
28th 2006年2月8日 KAMEN feat.石井竜也 - 5万枚限定生産
29th 2006年2月15日 WIND - 5万枚限定生産
30th 2006年2月22日 Someday/BoysGirls
31st 2006年5月24日 恋のつぼみ
32nd 2006年7月26日 4 hot wave
33rd 2006年10月18日 夢のうた/ふたりで…
34th 2006年12月6日 Cherry Girl/運命
35th 2007年3月14日 BUT/愛証
36th 2007年6月27日 FREAKY
37th 2007年9月12日 愛のうた
38th 2007年11月7日 LAST ANGEL feat.東方神起
39th 2008年1月23日 anytime - 限定生産
40th 2008年6月11日 MOON
41st 2008年10月8日 TABOO
42nd 2008年12月24日 stay with me
43rd 2009年3月31日 It's all Love! - 「倖田來未×misono」名義。
44th 2009年7月8日 3 SPLASH
45th 2009年9月16日 Alive/Physical thing
46th 2010年1月20日 Can We Go Back - 限定生産
47th 2010年7月7日 Gossip Candy
48th 2010年9月22日 好きで、好きで、好きで。/あなただけが
49th 2011年2月2日 POP DIVA - 限定生産
50th 2011年8月17日 4 TIMES
51st 2011年9月21日 愛を止めないで
52nd 2011年11月30日 Love Me Back

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2002年3月27日 affection
2nd 2003年3月19日 grow into one
3rd 2004年2月18日 feel my mind
4th 2005年2月9日 secret
5th 2006年12月20日 Black Cherry
6th 2008年1月30日 Kingdom
7th 2009年1月28日 TRICK
8th 2010年2月3日 UNIVERSE
9th 2011年3月2日 Dejavu
10th 2012年2月1日 JAPONESQUE

2015年3月18日。ライフ。2月3日のYahoo!乗っていた

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2005年9月21日 BEST〜first things〜
2nd 2006年3月8日 BEST〜second session〜
3rd 2010年2月3日 BEST〜third universe〜

企画アルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2007年3月14日 BEST 〜BOUNCE & LOVERS〜 - 期間限定生産
2nd 2009年3月25日 OUT WORKS & COLLABORATION BEST
3rd 2010年10月13日 ETERNITY〜Love & Songs〜

リミックスCD[編集]

発売日 タイトル
1st 2009年3月25日 KODA KUMI DRIVING HIT'S
2nd 2010年3月31日 KODA KUMI DRIVING HIT'S 2
3rd 2011年5月4日 KODA KUMI DRIVING HIT'S 3

DVD-Video[編集]

発売日 タイトル 販売形態
2003年3月19日 7SPIRITS DVD
2004年3月24日 feel... DVD
2004年11月25日 girls〜Selfish〜※ DVDシングル仕様 DVD
2005年9月21日 secret 〜FIRST CLASS LIMITED LIVE〜 DVD
2006年9月13日 LIVE TOUR 2005 〜first things〜 deluxe edition DVD(2枚組)
2007年3月28日 KODA KUMI LIVE TOUR 2006-2007 〜second session〜 DVD(2枚組)
2008年3月31日 KODA KUMI LIVE TOUR 2007 〜Black Cherry〜 SPECIAL FINAL in TOKYO DOME DVD(2枚組)
2008年9月24日 KODA KUMI LIVE TOUR 2008 〜Kingdom〜 DVD(2枚組)
Blu-ray Disc
2009年10月21日 KODA KUMI LIVE TOUR 2009 〜TRICK〜 DVD(2枚組)
2010年3月10日 KODA KUMI 2009 TAIWAN LIVE ※ ファンクラブ限定盤 DVD
2010年10月6日 KODA KUMI LIVE TOUR 2010 〜UNIVERSE〜 DVD(2枚組)
Blu-ray Disc
2011年2月23日 KODA KUMI "ETERNITY〜Love & Songs〜"at Billboard Live DVD
Blu-ray Disc
2011年5月18日 KODA KUMI 10th Anniversary 〜FANTASIA〜 in TOKYO DOME DVD(2枚組)
Blu-ray Disc

ダウンロード[編集]

  • Get It On(後に発売された『OUT WORKS & COLLABORATION BEST』に収録された。)
  • Venus(後に発売された7thアルバム『TRICK』の「CD+2DVD」形態の『初回TRICKプライス盤』内にボーナス・トラックとして収録された。)
  • Hey baby! 2010年8月6日~2011年1月28日までアニメクレヨンしんちゃんの主題歌として使用された。
  • Melting 2010年12月27日~2011年1月3日まで、そごう・西部冬市CMソングとしてオンエアされた。

参加作品[編集]

書籍[編集]

受賞・記録[編集]

音楽賞[編集]

  • 日本有線大賞
    • 第37回 新人賞(受賞曲「LOVE & HONEY」、2004年)
    • 第39回 大賞(受賞曲「夢のうた」、2006年)
    • 第41回 有線音楽優秀賞(受賞曲「Moon Crying」、2008年)
    • 第42回 有線音楽優秀賞(受賞曲「Lick me」、2009年)
  • MTV Video Music Awards Japan
    • 第5回 最優秀女性アーティストビデオ賞、最優秀ビデオ賞(受賞曲「Butterfly」、2006年)
    • 第6回 最優秀女性アーティストビデオ賞、最優秀ビデオ賞(受賞曲「夢のうた」、2007年)
    • 第7回 最優秀コラボレーションビデオ賞(受賞曲「LAST ANGEL feat.東方神起」、2008年)

その他の受賞[編集]

ネイル。(2015年。)エブリで放送された

記録[編集]

  • 音楽DVD1位獲得週 歴代1位(secret 〜FIRST LIMITED LIVE〜)通算7週1位(オリコン
  • 2006年、2007年CDトータルセールスアーティスト1位(オリコン)

出演[編集]

CM[編集]

本人出演のみ

テレビ[編集]

音楽祭り、(2013年、10月26日、11月2日、11月9日、フジテレビ) ヴランチ (2013年11月9日。2014年2月22日、VTR出演 TBS) エヴリィ (2013年、11月12日、2014年10月31日。日本テレビ) ゴーイング (2013年11月18日、日本テレビ) 実父、スッキリ。PON (2013年11月19日、日本テレビ) 2013年12月23日の各ワイドショー、ライブ模様放送 さんまのまんま、(2014年1月2日。フジテレビ) 音楽日本、(2014年2月6日。NHK) 知っとこ(2014年3月15日、MBS) ライブ模様放送 2014年9月15日のワイドショー 2014年12月22日のワイドショー 音楽駅。(2015年9月23日。テレビ朝日。)

映画[編集]

ラジオ[編集]

  • OH! MY RADIO(2008年10月8日 - 2009年9月、J-WAVE) - 2009年4月以降は隔週出演

ゲーム[編集]

パチンコ、パチスロ[編集]

特記事項[編集]

  • 酒とタバコは一切やらない。しかし、20代後半になって酒を飲んだが、苦手であることを公言している。
  • 一時期はマクドナルドのセットを3セット食べるなどの大食いであったが、ダイエットで絞った。その方法は「夕飯を食べないこと」 である。夕方6時以降は食べずにダイエットコーラをよく飲んでいた。
  • 3歳頃より、尺八を教えていた祖父とを教えていた母親の勧めで、日本舞踊の演者として初舞台を踏んでいる。

このことは2013年 11月19日のPONで語っており 当時の写真も公開された

  • 2000年12月のデビュー後しばらくの間はクラブでの活動をしていた。この時、当時デビュー前だったSOUL'd OUTも同じクラブで歌っていたという。
  • 犬を飼っている。名前は「ラム」で、犬種はキャバリア・キングチャールズ・スパニエルである。
  • プロ野球広島東洋カープ赤松真人外野手は藤森中学校時代の同級生であり、しかも当時野球部員(マネージャーではなく、選手として)だった彼女とは内野の要である二遊間を守るコンビだった。またブラックマヨネーズ吉田敬の弟とも同級生で、仲良くしていた友人グループで吉田の実家に泊まりに行ったこともあった。
  • とんねるずの大ファン。元々母親がとんねるずのファンだったことに影響されたという。
  • 敬愛しているアーティストは、DREAMS COME TRUE岡本真夜。エイベックスのオーディションで歌った曲は岡本真夜の「Alone」。またR&Bヒップホップアーティストが所属するrhythm zoneに入るきっかけは「DOUBLEみたいなアーティストの曲を歌いたい。」とスタッフに告げたことから。最初に買ったCDも岡本真夜である

このことは2013年 11月9日のヴランチ で語っていた

外部リンク[編集]