子 (十二支)

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
十干
十二支

)は十二支のひとつ。通常十二支の中で第1番目に数えられる。前は、次はである。

  • 子年は、西暦年を12で割って4が余る年が子のとなる。
  • 子の月は旧暦11月
  • 子の刻は深夜12時を中心とする約2時間。それにより、正午に対し、子の刻の中心である深夜12時を正子(しょうし)と言う。
  • 子の方は方角である。
  • 五行は水気
  • 陰陽は陽である。
  • 動物で表すと、齧歯類全般を指している(ちなみに、ハリネズミも含まれる)。

漢書』律暦志によると「子」は「孳」(し:「ふえる」の意味)で、新しい生命が種子の中に萌(きざ)し始める状態を表しているとされる。

後に、覚え易くするために動物のが割り当てられた。俗説では、以下のような話が伝わっている。神が十二支の動物を決める際、家の門の前に来た順番に決めることにした。牛は動きが遅いからと真っ先に出かけ、一番に門の前についた。しかし、門が開けられる時、牛の頭の上に乗っていた鼠が牛の前に飛び出たので、鼠が一番になったという。なお、猫も十二支に入れてもらおうと準備をしていたが、鼠が集合の日をわざと間違えて教えたので十二支に入ることができなかった。それで今でも猫は鼠を追いかけ回すのだという。ちなみに、2008年一白水星戊子閏年である。

子を含む干支[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は子 (十二支)にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。