山形放送

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

山形放送株式会社(やまがたほうそう、Yamagata Broadcasting Co.,ltd.)は山形県にある放送局で、中波(AMラジオ)・テレビジョン放送兼営である。略称はYBC

概要[編集]

1953年ラジオ局として開局し(呼称・ラジオ山形)、1960年テレビ放送開始。当初は日本テレビを中心としたオープンネットでの放送だった。これは、当時の服部社長正力松太郎の経営姿勢に共感を持っていたとも、背後の新聞社の関係(日本テレビ=読売新聞ラジオ東京毎日新聞)を勘案したとも言われる。

NNNANNクロスネットだった頃は、日本テレビ、テレビ朝日の番組が6:4の割合で放送されており、テレビユー山形開局までは、一部TBSの番組も放送されていた(なお、クロスネット時代のことについては山形テレビ(YTS)の項を参照)。1993年、YTSのネットチェンジFNN→ANN)によりNNN単独ネット局となり現在に至る。このネットチェンジの真相は不明だが、YTSの負債をテレビ朝日や当時あった東北地方の系列局(青森朝日放送東日本放送秋田朝日放送福島放送)が肩代わりする際の交換条件だったという説もある。

なおラジオは開局当初、当時の服部社長がニッポン放送鹿内信隆フジテレビの社長でもあった)と懇意にしていたため、ニッポン放送とネットワークを結んでいた。1965年以降はJRNNRNクロスネット。なお、1978年に勃発した巨人戦中継問題以降、月曜日のみRFナイターを編成していた時期もあった。

深夜から早朝の試験電波として日テレNEWS24サイマル放送を実施している。

山形県が現在筆頭株主(14.38%)である(第三セクター)。

系列新聞山形新聞。この新聞社との資本関係が非常に強く、社屋も共同で使用している。日本で唯一、テレビ局が社説放送をする局としても知られるが、これも山形新聞社との結びつきの強さが一つのカギである。なお、日本テレビ系列でありながら読売新聞・日本テレビとの資本関係はない(山形テレビに読売新聞との資本関係あり)。しかし近年は読売新聞のテレビCM(スポットCM)を自社でも流すなど、キー局への配慮がなされている。余談だが、山形放送(YBC)は読売新聞との資本関係がないにもかかわらず、読売新聞社(東京本社)とイベントを山形新聞系列のYBCと読売新聞の後援でイベント(イベント主催の発起人は読売新聞東京本社)を共催したこともあった(滅多にないが秋田県と青森県でも同様の事例あり)。

2005年12月1日に、NHK山形放送局TUYテレビユー山形と共に地上デジタルテレビ放送の本放送を開始した。

  • 本社所在地:山形県山形市旅篭町2丁目5番12号 山形メディアタワー
  • 郵便番号:990-8555
  • 専用郵便番号が付与される前、テレビ番組のテロップでは「〒990 山形市ハタゴ町 山形放送」と表示されることが多く、実際にそれで郵便物が届いていた。

沿革[編集]

社史・記念誌[編集]

  • 山形放送三十三年誌(高橋昭 編著) 1987年10月発行、659ページ。
  • YBC 35年のあゆみ(山形放送株式会社報道制作本部編集委員会 編) 1988年10月発行、73ページ。
  • 山形放送の50年(YBC五十周年委員会 編) 2003年10月発行、435ページ。

ラジオ[編集]

放送時間は、月曜未明0時00分 - 4時00分休止の24時間放送。月曜のみ4時00分、他は5時00分を1日の基点とする。

ラジオ周波数[編集]

県内同一周波数放送実施。

備考[編集]

  • 以前は山形・鶴岡(酒田)・米沢・新庄でそれぞれ周波数が異なっており、鶴岡は独自のコールサイン(JOEL)を持っていたが、1989年5月25日に内陸側が、1995年9月18日には庄内側も「918kHz」に統一された。庄内側の周波数統一時は、変更日を周波数にちなんだ9月18日に設定、変更直前(日曜深夜の放送終了前)には1時間の特別番組を放送し、生放送で最後のJOELコールサイン読み上げを行った。周波数統一によって、各地域独自のCM等を放送することは困難になった。
  • また、1960年 - 65年10月までは「精密同一周波数放送実用化試験局」が存在し、「JO8AB」のコールサインで鶴岡から山形と同じ920キロサイクルで放送が行われていた。当時の最先端技術であり、これが後の鶴岡・酒田精密同期放送(1098kHz)や現在の県内・他県の同一周波数放送の礎になっている。
  • 東日本では夜間の遠距離聴取が容易な地域が比較的多いが、山口放送岩国局や下関局、韓国KBSと同一周波数なので、本州西部や九州地方で夜間の遠距離聴取が困難な地域が多い。かつては北海道でも札幌テレビ放送(現・STVラジオ)の釧路局と周波数が同じだったため遠距離聴取が困難となっていたが、同局の周波数変更によってこの困難は解消された。
  • まだ日本に放送ネットワークの概念がなかった民放ラジオ草創期に、ニッポン放送の昼ワイド番組を日本で初めてネットしたり、東京から中継されていた北海道放送のニュース番組をネットするなど、当時としては先進的な試みを行った。
  • 札幌テレビ放送がラジオ放送を開始する前に、STV社員がラジオ放送の実地研修を行った。その時の経験が、北海道後発局にもかかわらず、高聴取率を得る番組作りへとつながっていったという。
  • ラジオ放送のシステムは2006年8月21日に新社屋に移動した。山形メディアタワー(新社屋)一階にはガラス張りのスタジオ(愛称:918スタジオ)があり、一般人もガラス越しにスタジオ内を観覧できる。
  • 宮城県の広範囲、福島県中通り会津地区の一部地域でも受信可能である。
  • 同一周波数のため、一部地域ではフェージングが起こることもある。また、同じ周波数なので、どちらの電波を受信しているのかわからない地域もある(例えば南陽市などでは本局と米沢中継局とエリアが重複してしまう)。

現在放送中の番組[編集]

放送時間は2019年11月時点のもの

自社制作番組[編集]

平日

土曜日

日曜日

ネット番組[編集]

TBSラジオ制作
文化放送制作
ニッポン放送制作
その他
宗教番組

過去に放送した番組[編集]

自社制作番組[編集]

  • ※以前は、テレビと共にローカルニュースは『山形新聞ニュース』のタイトルが使われていたが、現在は単に『YBCニュース』となっている。
  • ※県内の公立高校入試の合格結果を、学校名、個人名も含めてアナウンサーが読み上げるという番組も過去に存在し、山形局(JOEF)が内陸地方の高校、鶴岡局(JOEL)が庄内地方の高校という風に独自放送をしていた。現在は同一周波数化と個人情報保護に対する声が高まったこともあり、放送されていない。

テレビ[編集]

テレビネットワークの移り変わり[編集]

  • 1960年3月16日 テレビ放送開始。日本テレビTBSフジテレビNETテレビとクロスネットを組むがニュースも好きな局から選択するフリーネット体制であった。
  • 1966年4月1日 この日発足のNNNに加盟。ニュースは日本テレビマストバイ。それ以外はフリーネットとなる。
  • 1967年6月 民間放送教育協会に加盟。
  • 1970年4月1日 山形テレビの開局によりフジテレビの番組が姿を消す。NETテレビの番組の一部も移行。
  • 1972年 この年発足のNNSに加盟。
  • 1980年4月1日 山形テレビがANNを脱退しフジテレビ単独局となったためテレビ朝日の番組が移行される。同局に代わりANNに加盟したためニュースはNNN・ANNクロスネット局となる。ちなみに編成であふれた(=放送できなくなった)日本テレビの番組は山形テレビに移行している。
  • 1989年10月1日 テレビユー山形の開局によりTBSの番組が姿を消す。
  • 1993年4月1日 山形テレビがフジテレビからテレビ朝日マストバイ局となったためANNを脱退。テレビ朝日の番組が姿を消し(※民教協製作分は除く)NNN・NNSマストバイ局となる(※山形テレビからあふれ分が復帰)。

テレビチャンネル[編集]

アナログテレビ[編集]

親局
中継局(チャンネル順)

村山地方

  • 東天童 33ch
  • 東根関山 42ch
  • 東山形 42ch
  • 尾花沢 43ch
  • 山形山寺 43ch
  • 山形小白川 43ch(垂直偏波)
  • 蔵王温泉 45ch
  • 山形東沢 53ch
  • 尾花沢銀山 53ch
  • 西川大井沢 54ch
  • 山辺簗沢 54ch
  • 天童(舞鶴山) 55ch
  • 朝日町 55ch
  • 尾花沢牛房野 57ch
  • 山形関沢 62ch

置賜地方

  • 眺山 1ch(垂直偏波)
  • 小国 11ch
  • 白鷹 21ch
  • 高畠時沢 42ch
  • 米沢小野川 42ch
  • 羽前吉野 43ch
  • 白鷹下山 43ch
  • 白鷹佐野原 44ch
  • 高畠 45ch
  • 飯豊中津川 45ch
  • 米沢(笹野山) 54ch(米沢デジタル局は天元台高原に設置)
  • 飯豊 55ch
  • 米沢舘山 57ch
  • 米沢大沢 57ch
  • 白鷹黒鴨 59ch

最上地方

  • 真室川及位(のぞき) 1ch
  • 新庄(杢蔵山) 11ch(垂直偏波)
  • 羽前金山 43ch
  • 真室川高坂 50ch
  • 戸沢 50ch
  • 鮭川 51ch
  • 最上前森 53ch
  • 鮭川中渡 56ch

庄内地方

  • 鶴岡(高館山) 1ch JOEL-TV 1kW
  • 朝日本郷 10ch
  • 朝日田沢 11ch
  • 温海 44ch
  • 温海鼠ヶ関 55ch

テレビ放送開始時、庄内へのテレビ放送を始めるにあたり、山形西蔵王親局から鶴岡高館山送信所への映像伝送が大きな問題となった。内陸と庄内の間には2,000m級の出羽山地が横たわり、直接の画像伝送が不可能だったからである。当時は、このような場合電電公社マイクロ回線を常時借りるか(北海道の民放各局では実際にこの方式が取り入れられているが2007年以降は光ファイバー回線に切り替え)、マイクロの自営回線を構築するのが常道であったが、多額の費用が必要とされるため、山形放送では、山形親局と鶴岡送信所を両方見通せる新庄市の標高1,000mの杢蔵山山頂に中継所を設置し、山形の電波を新庄で受信し、さらに、それを鶴岡で受信するという方法を編み出した。まるでコロンブスの卵のようなアイデアだが、これが全国の放送局の注目を浴び、他県でも同様の方法が採られるようになった。余談だが、新庄杢蔵山中継所の建設に当たっては、当時の服部敬雄社長が自衛隊に対して出動要請を行い、多賀城駐屯地の施設部隊が登山道すらない高山の山頂までの車道を突貫工事で開削し、九州の部隊に配置されていた当時日本最大の大型ヘリコプターで機材の搬入を行ったという。

省力化を図るため、全送信所の無人化・リモートコントロール化を日本で初めて実現したのも山形放送である。

デジタルテレビ[編集]

親局
  • 山形(西蔵王テレビ・FM放送所)〔山形市神尾〕 リモコンキーID:4 JOEF-DTV(デジタルテレビの送信所は山形テレビと共同使用)
    • 送信柱 45m四角鉄塔(山形テレビアナログ、デジタルと共有)アンテナ部も含めた高さ約55m
    • 送信空中線 4L6段3面でYBCデジタル、YTSアナログ、デジタルの3波共有。
    • 放送機形式 DTU-50/1R0S(NEC)2台形式、電力増幅部は300Wユニットを並列。冷却は空冷(室内循環ファン式)
    • STL 西蔵王向けのパラボラアンテナは3m、出力500mW(NEC)、新庄杢蔵山向けパラボラアンテナ4m、出力1,000mW(NEC)
    • 物理チャンネル 16ch
    • 出力 1kW(ERP 21kW)
    • 送信所局舎 山形テレビと協力して建設。2階建て1F自家発電や電源室他、2F送信機他設置、屋上にはマイクロ回線用四角(長方形)鉄塔。自家発電は200KVA(ヤンマー
    • 備考 山形テレビと送信所局舎など共有できるところは協力してシステム構築をしてコストを下げたことは、デジタル化の設備が重荷になる地方局にとって極めて参考になるであろう。
中継局(物理チャンネル順)

【村山地方】

  • 山形山寺 16ch
  • 山形東沢 16ch
  • 蔵王温泉 16ch
  • 尾花沢 37ch
  • 東根関山 41ch
  • 朝日町 43ch

【置賜地方】

  • 高畠 21ch
  • 長井(白鷹) 31ch
  • 小国 31ch
  • 米沢(天元台高原) 32ch

【最上地方】

  • 新庄(杢蔵山) 19ch
  • 羽前金山 19ch

【庄内地方】

  • 鶴岡(高館山) 16ch

山形県外での区域外受信について[編集]

秋田県沿岸南西部の本荘由利地域等では秋田放送NNSの一部番組が遅れネット・未ネットのため、鶴岡高館山中継局(アナログ1ch・デジタル16ch)を受信して番組を楽しんでいる家庭がある。

逆に、ANNとのクロスネット時代には鶴岡市温海地区などではテレビ新潟村山地方置賜地方の一部ではミヤギテレビを視聴していた家庭もあった。

現在放送中の番組[編集]

自社制作番組[編集]

  • あっぷるTIME(月 - 水、11時25分 - 11時30分、土曜、9時55分 - 10時00分)
    • 企業からの告知を伝えるミニ情報番組。
  • YBCストレイトニュース(月 - 金・日曜、11時38分 - 11時45分、土曜、11時31分 - 11時40分)※HV
  • YBC社説放送 (月 - 金、15時50分 - 16時00分)
    • 山形放送と山形新聞社の論説委員が日替わりで出演し、主に県勢に関連した論説をテレビで紹介する全国的に珍しい試み。前身の番組から通算すると、放送開始から30年を迎えた長寿ローカル番組である。
  • ピヨ卵ワイド430(月 - 金、16時30分 - 17時50分)※HV
    • ローカル情報ワイド番組

2015年9月3日の県民で放送された

東北地方以外の日本テレビ系列の時差ネット番組[編集]

他系列の番組[編集]

テレビ東京系 遅れ日数はすべて、2009年6月時点でのもの。

その他[編集]

民間放送教育協会

東北民放テレビ六社会

NNS東北ブロックネット

過去に放送した番組[編集]

自社制作番組[編集]

ネット番組(日本テレビ系は除く)[編集]

TBS系TUY開局まで【 - 1989年9月】)

フジテレビ系(YTS開局前【 - 1970年4月】&フジ系空白期間【1993年4月 - 1997年3月】)※のあるものは、過去にYTSで放映され、同局がネットチェンジしてからSAY開局までの間に放映。

テレビ朝日1993年4月のYTSネットチェンジまで)※は、原則的にYTSへ。▲印はFNN・ANNクロス時代のYTSから移行された番組

秘密戦隊ゴレンジャージャッカー電撃隊バトルフィーバーJ電子戦隊デンジマン太陽戦隊サンバルカン大戦隊ゴーグルファイブ科学戦隊ダイナマン超電子バイオマン電撃戦隊チェンジマン超新星フラッシュマン光戦隊マスクマン超獣戦隊ライブマン高速戦隊ターボレンジャー地球戦隊ファイブマン鳥人戦隊ジェットマン恐竜戦隊ジュウレンジャー五星戦隊ダイレンジャー
重戦機エルガイム機動戦士Ζガンダム機動戦士ガンダムΖΖ機甲戦記ドラグナー宇宙伝説ユリシーズ31鎧伝サムライトルーパー獣神ライガー勇者エクスカイザー以降はTUYを経て勇者特急マイトガインの途中でYTSに戻った)

テレビ東京系

その他

旧局舎時代(2005年1月14日まで)に放送された日本テレビ系列の番組[編集]

◇印はANN脱退後に継続並びに新規で放送された番組、☆印は現在放映中

オープニングとクロージング[編集]

2000年頃まで[編集]

  • テレビのオープニングとクロージングは2000年頃まで山形放送の本社社屋・山形テレビ放送所・鶴岡テレビ放送所の写真を周波数と一緒に掲示し、右側に中継局チャンネル一覧を出していた。
  • 放送開始と終了時の音楽は、2001年頃まではテレビ・ラジオ共通で使用されていた。オープニングでは20世紀前半のドイツの流行歌・『傷心のハイデルベルグ』(リカルド・サントスとミリオン・ストリングス演奏版)の冒頭40秒程度、クロージングではハワイアン風の楽曲『ジャパニーズ・ララバイ』(大橋節夫とハニーアイランダーズ演奏)が用いられた。またオープニングには「山形放送の放送開始です!」というコメントが付け加えられていた。
  • 2001年頃までは、オープニング映像と山形県民の歌「最上川」の間に「ミュージックサロン」というミニ番組が放送されていた。カモシカの絵が中央に描かれたYBCのテストパターン(鶴岡のの文字がだった)をクラシック音楽と共に流すというもので、音声多重放送が開始されるとステレオ放送化される。放送休止時間が設けられていた1960年代には、休止明けの番組として数回放送されていた。
  • テレビのクロージング前には、火の元確認の静止画を放送していた。その静止画映像はハープのBGMをバックに、が燃えているイラストが描かれており、イラストの下に手書き風丸ゴシック「●お休み前にもう一度、火の元をお確かめ下さい」と描かれているものだった。1990年代以前はBGMがなく、実際に家屋が燃えているかのような写真を使用し、その下に「おやすみ前に(改行)もう一度火のもとを…」の字幕を表示していた。

2001年頃から[編集]

  • 2001年頃からオープニング・クロージングが一新された。
  • オープニングは、山形県内の花の名所を映したもの。クロージングは、蔵王高原樹氷やスキー場を映したものとなった。クロージングのBGMは、エンヤの『ONLY TIME』。季節によって変更していたためバージョンは複数存在する。(次次項の毎回違うのはこの映像を使用しているためである)
  • 当初は上記のような火の元確認の静止画が引き続き使用されていたが、後に廃止されている。
  • 後に終夜放送扱い時のクロージングの映像も変更され、スクーバダイビングで海中を捉えた映像となり、BGMも変更されている。このときは送信所の切り替えを名目に数秒の停波が伴うことが多い。(停波が番組表上表記されている場合は通常にオープニング、クロージングが放送され、前前項の事情で内容は毎回違う)
  • オープニング・クロージングには、当初は局名・コールサインと中継局表示のテロップが表示されていたが、後に全て表示されなくなった。
  • デジタル放送開始を機に、オープニングも山形メディアタワーの俯瞰映像とテレビスタジオ内のカメラを映したものに変更されている。
  • なお、オープニングの後、山形県民の歌「最上川」の映像が放送される。

地上アナログ放送終了時[編集]

  • テレビの地上デジタル放送完全移行時に放送されたクロージングは通常のクロージングに「まもなく、アナログテレビ放送を終了します。長い間ご覧いただき誠にありがとうございました。(今後は)デジタルテレビ放送でお楽しみください。」というテロップが添えられていた。
  • 2018年現在のテレビ放送の起点(放送開始時間)は平日(月~金曜)が午前4時41分、土曜が午前4時31分、日曜が午前4時50分(ただし毎月最終日曜のみ午前4時40分)である。

^ 

この局以外に暗いと評されていたクロージング音楽としては中部日本放送今様が有名であった(中部日本放送#クロージングを参照)。

アナウンサー[編集]

男性[編集]

女性[編集]

かつて在籍していたアナウンサー[編集]

男性[編集]

女性[編集]

地域ニュースの動画配信[編集]

山形県内ニュースは「YBC Newsリアルタイム」で放送された分のみを動画配信中(要Windows Media Player、祝日及び土日放送分のニュースは動画・文字配信共になし)。

海外姉妹放送局[編集]

YBCおいしいものフェア[編集]

  • 毎年2月の第2土曜日 - 日曜日の2日間(月曜日が祝日の場合月曜日を含め3日間)に山形ビッグウイング(山形国際交流プラザ)で県内または県外の美味しい物を一堂に集めた「YBCおいしいものフェア」を開催している。なお、同局の製作番組「ピヨ卵ワイド430」内で考案されたスイーツも登場する。最近では芸能人をゲストとして呼ぶようになった。
  • ゲスト芸能人が参加する時間帯にはテレビ中継もされる。

ゲスト芸能人[編集]

その他[編集]

  • かつてはテレビ朝日系列にも加盟(1980年4月1日から1993年3月31日までネット加盟)していたが、朝日新聞・テレビ朝日との資本関係も読売新聞・日本テレビと同様、一切ない(もともと山形テレビに朝日新聞・テレビ朝日との資本関係があった。また、前述の朝日新聞はテレビユー山形にも出資)。
  • 局のマスコットキャラクターは『ぷにゅん』。これは耳の生えたピンクのボールのような風貌。また、『ぷにゅんのとっておき!』という、CMタイアップ番組(ある企業の30秒CMの前後に短いオープニングとエンディングを足しただけ。不定期番組?)も放送されている。
  • ぷにゅんの登場に合わせ、2001年より「ぴたー」というキャッチコピーを導入し、2002年9月まで使用した(その後3ヶ月はキャッチコピー空白状態)。2003年1月から2009年3月31日までは「おもしろ主義るっ!」が使われていたが、2009年4月1日からは「一緒に歩こ」が使われている。
  • 2005年12月1日の地上デジタル放送開始と共に、YBCホームページにアナウンサーのブログ『アナBoo!』を同日に開設。初書き込みはこの日誕生日の新人、竹内久乃アナ。ちなみに、このブログにはNo.2の書き込みのみ存在しない。
  • 現在の「ズームイン!!SUPER」の前の「ズームイン!!朝!」の頃は全国向けのレポートが多かったが、同局は一貫して女性アナの投入はなく芳賀、佐伯アナという2人の担当であった。
  • 1970年代から1982年頃にかけて、ポール・モーリア等のBGMをバックに静止画スライドで番組案内や道徳啓発(主に交通安全、火災予防、子どものしつけ等)をCMの空き時間(フィラー)に流した。
  • 県内テレビ局の中で唯一、ワンセグEPGで番組内容の紹介をしていない。
  • 1979年ポーランドでは、時のポーランド統一労働者党第一書記、エドヴァルト・ギェレクの退陣が濃厚になり、ポーランドの次期指導者が誰になるかが世界的な注目を集めていたが、冷戦真っ只中の時代、鉄のカーテンは厚く、西側諸国にポーランドのまともな動向は伝わっていなかった。そんな中、姉妹局のポズナニ放送へ友好訪問を行った山形放送のクルーは、スタニスワフ・カニャ氏への単独インタビューに成功し、そこで、次期第一書記を目指す言質を取った。ポーランドの次期指導者が西側のマスメディアに登場した初めての取材となり、大スクープとして全世界に配信されることとなった(社史より)
  • ワンセグの時刻出しは、開始当初表示を行っていなかったが、現在は表示されている。

テレビ視聴率[編集]

年間視聴率については、1993年から2005年までの13年間、そして1年(2006年)を挟んで2007年2008年と2年連続、YBCが3冠王を達成した。

2006年の年間視聴率は、プライムFNN/FNS系列のさくらんぼテレビジョンに首位の座を奪われ、1993年から続いた14年連続の3冠王は達成できなかった。但し、全日ゴールデンはそれぞれYBCが首位を獲得した(2冠)。

年度視聴率については、1993年度から連続して3冠王を達成している。これはキー局を含む全国の民放局で最長記録。関東地区等で日本テレビ系列局が不調傾向にある中、視聴率首位を守っている。(2009年4月現在、16年連続)

関連企業・団体[編集]

関連団体[編集]

関連項目[編集]

山形県の放送局[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・山形放送を利用して作成されています。変更履歴はこちらです。