稲森いずみ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
いなもり いずみ
稲森 いずみ
[[ファイル:|0|]]
本名 稲森 泉
別名
生年月日 1972年3月19日
没年月日 月日
出生地 日本の旗 日本・鹿児島県鹿児島市
死没地
国籍
民族
身長
血液型 B
職業
ジャンル 女優
活動期間 1994年 -
活動内容
配偶者
家族
公式サイト
主な作品

ドラマ
ハッピーマニア
プリティガール
探偵家族
年下の男
ブルーもしくはブルー
曲がり角の彼女
忠臣蔵 瑤泉院の陰謀
舞台
法王庁の避妊法
映画
CAT'S EYE
結婚シミュレーター
リリィ・シュシュのすべて
THE CODE
受賞
1994年ビジュアルクイーン
2003年ベストフォーマリスト
備考
テンプレート

稲森 いずみ(いなもり いずみ、本名:稲森泉、1972年3月19日 - )は、日本の女優バーニングプロダクション所属。鹿児島県鹿児島市出身。鹿児島市立天保山中学校アナウンサー近藤久美子と同級生)、鹿児島高等学校卒。テキサス大学アーリントン校(ESL)に留学歴あり。血液型はB型。家族構成は、両親・8才年下の弟、祖母の5人家族。

略歴[編集]

1991年5月、叔母に勧められ、地元・鹿児島高等学校の卒業後、アメリカダラステキサス大学アーリントン校に語学留学。

1992年10月、弟が交通事故に遭い、急遽1年半の留学生活を終え、帰国。同時に、「モデルをやりたい」という自らの意思で東京の大手モデルプロダクション・エリートフォリオと契約。契約直後から、地元でもある鹿児島で本格的にモデル活動を始め、雑誌でも度々掲載される。

1994年、前事務所「エリートフォリオ」より2年あまりの契約で現在のバーニングプロダクション移籍、モデル活動から女優活動に専念し、『上を向いて歩こう!』で念願の女優デビュー・連続ドラマ初出演を果たし、注目される。デビュー作以後、数え切れないほどの雑誌のインタビューを受け、この効果からか、フジテレビビジュアルクイーンに輝き、『Fiction』では水着姿を披露するなど様々な撮影にも挑んだ。

1995年日本テレビの『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』でバラエティー番組初出演、コーナーの「勇気を出して初めての告白」で「プロポーズをされて断った」という話はネットでも有名である。

1998年、『ハッピーマニア』で地上波初主演。

2002年5月31日に放送されるはずの主演ドラマ・『フレンズ~くされ縁女ドロボウコンビの殺人逃避行』が、他の番組に差し替えられると言う異例の事態になった。これ以降もこの番組は放送されていない。

2003年、芸能活動10周年。プロ野球選手・佐々木主浩と共に、ベストフォーマリストを受賞し、舞台『法王庁の避妊法』、『またも辞めたか亭主殿』、『年下の男』、一人二役の演技が評価された『ブルーもしくはブルー』など、舞台やドラマの多方面でも幅広く活躍した。

2005年大河ドラマ義経』に大河ドラマ初出演。4月から、『曲がり角の彼女』(フジテレビ主演は『ハッピーマニア』以来7年ぶり)、年末には、『河井継之助 駆け抜けた蒼竜』に出演。

2007年1月2日放送のテレビ東京系列・新春ワイド時代劇忠臣蔵 瑤泉院の陰謀』に時代劇初主演。1月14日から『華麗なる一族』にも出演。

2008年、『篤姫』に『義経』以来3年ぶりに大河ドラマ出演(本人の出演は5月4日(第十八週目)から)。

2009年、GW明けに公開予定の映画・尾上菊之助主演『THE CODE』にヒロイン・美蘭(メイラン)役で『リリィ・シュシュのすべて』以来7年ぶりの映画出演へ。本作品の監督である林海象とは1997年に公開された『CAT'S EYE』以来10年ぶりにタッグを組む。

人物像[編集]

「泉」という名前の由来は、何時までも美しく育って欲しいという両親の願いでこの名前がつけられた。また、ひらがなに直した理由は、その方がやわらかい感じがすると考えたため。

剣道初段の段あり。剣道を習い始めた理由は、隣に住むお兄ちゃんが喘息で悩んでいたところ、剣道をして治ったと言うので、自身も習い始めたところ面白くてはまったらしい。しかし、女子が少なく一人で休憩時間を過ごしていたときもあった(笑っていいとものテレフォンショッキング出演時)。

1994年に、フジテレビビジュアルクイーンの受賞後、『Fiction』というタイトルでビデオを販売していた。

ブレイク前は『29歳のクリスマス』で仲村トオルを巡り山口智子と激しいバトルを繰り広げる役を演じ、『オンリー・ユー~愛されて~』では鈴木京香に嫌がらせをするモデル役といったヒロインの恋敵か悪女役を演じることが多かった。また『ロングバケーション』や『ハッピーマニア』といった、明るい天然キャラを演じることもある。    テキサス大学に1年半留学していたこともあり、英語力はかなり豊富。2008年7月21日(月)に放送された「英語でしゃべらナイト」では、出題したパックンさえ解けなかった難問にも軽々正解した。

昔、「稲森いずみのシークレット(秘密)ライブ」と題し、秘密のライブを行ったことがある。ギターをモト冬樹が、作曲は河村隆一、作詞は稲森いずみ本人というメンバーで「For myself」というタイトルで歌声を披露。青山でライブは行われたが、題にもあるように秘密のライブだったので、ネット限定募集で30人位しか入場できなかった。

2009年GW明けに公開される、『THE CODE』の林海象に「稲森を思って書いたといわれ、出演を快諾した」らしい。蛇足であるが、彼女は女性向けのファッション雑誌「GRACE」(2007年9月号)で「今までになかった役、悪女をやってみたい」と述べており、願いが通じたのか久しぶりの悪女役となる。また、劇中では中国語で歌うシーンがあり上海ロケクランクアップまでかなり中国語を特訓した。その特訓の甲斐があって現地の人に中国語を絶賛された。

「ぷっ」すま』出演時、レギュラーユースケ・サンタマリア草彅剛が、江頭2:50と共に狭い部屋に押し込まれ、江頭に唾液を吐きかけられる等の罰ゲームを受け、二人が「エガちゃん嫌い」と声をそろえる中、稲森が「好き~」コメントしたことで、罰ゲームとしてではなく本人の希望で、江頭のいる部屋に入ることに。全く動じる様子の無い稲森とは逆に、女優と密室に二人きりにされて、江頭は罰ゲーム執行人という立場を忘れ、すっかり狼狽していた。バラエティ番組に出演してもセオリーを無視するマイペースさと大胆さは、他の番組でも垣間見ることができる。『浜ちゃんと』に出演した際には、浜田雅功と共にアスレチックのテーマパークに出かけ、浜田が怖気づいて挑戦しなかったアスレチックに周囲の心配をよそに自ら挑み、案の定、池に落水するというハプニングが起きた。これには浜田も、女優として見せてはいけない失態を演じさせてしまったと動揺気味だったが、本人にはNG映像という意識も特に無い様子であった。

出演[編集]

バラエティー[編集]

本馬、(2014年1月1日。フジテレビ) 目覚まし(2014年3月20日。VTR出演。フジテレビ) ブランチ(2014年6月14日。VTR出演。7月5日。スタジオ出演。TBS) トラベラー(2014年7月10日。TBS) スッキリ。PON(2016年1月14日。日本テレビ。) スッキリ。(2016年3月7日。日本テレビ。)

連続ドラマ[編集]

顔。(フジテレビ。)2014年4月9日に再放送された

2010年 怪物君、デモリーナ役、日本テレビ 2014年 医龍4-加藤晶役、フジテレビ 同窓生(TBS) 2015年 戦う書店(フジテレビ)

単発ドラマ[編集]

破滅の条件。(フジテレビ。)。2016年6月14日に再放送放送された

2015年 ご成婚に近くて遠い女(3月6日。日本テレビ)2月16日のYahoo!で明らかなった 2016年 土曜日ワイド。(1月23日。)

映画[編集]

怪物君、(2011年 デモリーナ役) 2012年12月7日と 2014年1月24日に 金曜ROADSHOWで放送された

舞台[編集]

乱れ鶯。(2016年。)

CM[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]