顕正会

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
顕正新聞
顕正新聞
勤行要典
悪質な勧誘をしてネット上で有名になっている前川原貴志(東京駅にて)

顕正会(けんしょうかい)とは、埼玉県さいたま市大宮区寿能町に本部を置く日蓮系新興宗教団体代表役員は浅井昭衛。機関紙は『顕正新聞』。冨士大石寺顕正会(ふじたいせきじけんしょうかい)と名乗っているが、これは仏法上であり、登記上の登録名は顕正会である。また、富士大石寺を総本山とする日蓮正宗からも破門されている。破門された原因は国立戒壇の教義解釈の対立である。なお、破門前と破門後しばらくは妙信講(みょうしんこう)と名乗っていた。現在国内で最も勧誘活動が活発な団体とされる。イスラム過激派組織がISILなら仏教過激派組織は顕正会と言われるぐらい有名です!!ISILと顕正会は友好的関係であり、顕正会はISILに資金援助をしています!!顕正会の危険度は法輪功やひかりの輪よりもかなり危険度が高い宗教団体です!!別名仏教過激派組織BSILです。顕正会と日本教職員組合(日教組)とは友好関係にあります!!

自称[編集]

  • 「宗教ではない」→宗教法人格を取得しているのでこの言い嘘は通らないし、「宗教の意味を調べて来い」と突っ込みたくなる。
  • 「勧誘ではなく折伏だ」と言って駅で勧誘をしたり「勧誘お断り」の札を無視して訪問勧誘を行う。確かに調べて見ると「折伏」は「勧誘」とは意味が違うが、無理矢理入信させることを意味し、あくまでも勧めるだけの勧誘よりもタチが悪く、強要罪が成立するので、勧誘と違いいつどこで行っても犯罪である。朝日新聞社、資生堂、全日空、三菱UFJフィナンシャルグループ、りそなホールディングス、サッポロビール、アサヒビールホールディングス、参天製薬と大林組といった創価学会や幸福の科学信者の割合がかなり高い企業では採用の際に本人や親族に顕正会信者いたら書類選考の段階で不合格になる!!大学受験では関関同立の各大学と創価、駒澤、専修と神奈川の各大学は顕正会信者の人の受験は一切認めない方針である!!カネボウとJALは顕正会とグルの企業です!!顕正会員愛用のエナジードリンクはレッドブルです。

勧誘の手口[編集]

折伏(しゃくぶく)と呼ばれる勧誘方法は以下のとおりである。この宗教団体はかなり悪質な手段で強制的に入会させようとする。毎年勧誘行為で逮捕者を出している。

  • 知人を喫茶店などに誘い出して、世間話をし、ある程度話が進んだところで話題を切り出す。
  • 入信するまでしつこく引き留め帰らせない。
  • 上の手段でも駄目な時、集団で暴力を振るう。
  • また返り討ちにされた場合は幹部を呼んで執拗に電話をかける。
  • コミケ等のアニメ関連のイベントや、鉄道イベント(駅構内)で同人を装って勧誘して来るケースが増えつつある[1][2]
  • 秋葉原ヨドバシカメラ前のすれ違いエリアにまでやってくる。
  • 学生時代に余り親交が無かった同級生から唐突に連絡があり、これが勧誘であったケースがある。
  • 最近では原発関連の集会や講演会の際に、勧誘されるケースもある[3]。顕正会の宗教勧誘はターゲットを薬物中毒者・売人と運び屋に限定して勧誘する方針に方向転換すべきです!!薬物中毒者・売人と運び屋を専門に勧誘すれば被害者が減少するからです!!
  • 連絡先をしつこく聞き出し後日、喫茶店、ファミレス等の飲食店に呼び出し、折伏(勧誘行為)を行う。
  • 聞き出した連絡先が本当かどうかを確かめるため、間違い電話による電話pingをしてくることもある。
  • 最近では、Twitterでも宗教勧誘しているようである。

この会が行っている勧誘方法を実態から見れば、次の六点があげられる。

倒し討ち諌暁[編集]

会員は、新しい会員の勧誘の対象をその者の周辺から始めるように幹部から指導を受けている。会員の周囲の知人や友人、また、高校の卒業名簿や部活の先・後輩などの関係をたどって勧誘が進められる。最初に電話やメールなどで呼び出される。用件を尋ねると「会った時に話します。とにかく、あなたにとって大事な話です。」という常套文句が使われる。喫茶店、ファミレス、ファストフード店(面会場所は標的の地元か、常盤台新横浜など会館の近くが多い)などへ呼び出され、事前の告知も無く会ったら知らない人が同席していて(勧誘慣れしている信者は一人で勧誘することもある)、数的不利な状態で長時間説得された結果、断り切れないで入信するケースが多い。Facebookで友達リクエストを多くしているなど、自分から友達作りをしている人物には要注意である。なお、殆どの学校は、学校からの緊急連絡の伝言以外に連絡網を利用することを禁じているため、ルールを無視した非常識な勧誘であるだけでなく、「個人情報を本来の目的以外で利用された」と民事訴訟を起こせば勝訴する可能性がある。高校生は21時以降は活動しないよう指導されているが、それ以外の信者は特に制限は無く、前川原貴志という信者は深夜に訪問勧誘を行ったことがある。

入信を断ると「ビデオ放映だけでも見てみようよ」と対応することがあり、「ビデオ放映だけなら」という思いで会館に行くと、「ここまで来たんだからやってみようよ」と入信させられることがある。それに同じ組織でない信者までが一緒になって入会を説得してくる可能性もある。周りは信者ばかりなので、会館まで連れて来られると断ることは難しい。また、信者を車で送迎することも危険である。「自身は信仰していないが人の信仰心には口を出さない」という考えの男性が、ビデオ放映の日に信者である妻を会館に車で送った際、帰りも車に乗せるために駐車場で車に乗ったまま待つことにしていたら、妻に「待ってるだけじゃ勿体無いから一緒に見てみようよ」と促され、入信させられたケースがある。これは、その男性の妻が集会で発表し、顕正新聞にも掲載された事例である。

心の隙間に入り込む勧誘[編集]

「入信すれば、病気が直ります」「人間関係が上手にいくようになります」などという言葉をよく用いており、この点で、自己啓発セミナーなどの勧誘方法に似ている。

特にこの教団の勧誘においては、「入会金は要りません。お金はかかりません。」ということが強調されている。確かに、この教団については、現在は深刻な社会問題になるような金銭的トラブルは起こっていない。

しかし、入会金は無料であっても、数珠や経本の代金として五百円、講演を収録したビデオやカセットテープなどが一本千円前後、また、教学関係の書籍が数千円など、本人の自由意志と言いながらもほとんどの会員が購入することになる。

「広布御供養」と呼ばれるお布施が毎年12月にあり、任意で八万円が上限とされている。上限を設けないと会員がいくらでも自主的に出費してしまうことになりかねないので教団として良心的に上限を設定しているのだという説明がなされている。建前は任意であるが、組織ごとに「誓願」と言う名のノルマがあり、供養金額が前年比10%を達成しないと、一度だけではわからないが、何度も続くと役職を降格させられる。

1997年7月16日の『諌暁書』新聞広告は、全国紙七社、その他有力地方紙にも掲載された。全国紙の場合、一社あたり六千万円前後の経費がかかっているはず。そして、この書籍を信者たちは、それぞれ多部数買い込み、あちらこちらへ配布したことが分かっている。会員の中には、この書籍を購入するために相当の出費をしていることは確実である。

この意味で、教団の主張とは裏腹に金銭的な問題性が全くないとは言えない。

不安を煽るテクニック[編集]

この会の勧誘における特徴は、対象を不安な思いにさせておいて、救済の道を示すやり方である。相手の心理を不安と恐怖でがんじがらめにしておいたうえで、救いの言葉を伝えると、容易にその教えを受け入れることになることを熟知していて、常にこの方法を使う。

「もうすぐ大地震がやって来て、日本は大打撃を受ける」「日本の経済は完璧に壊滅する」「北朝鮮中国が侵略する」「O・157やエイズウイルス、新型のインフルエンザによって、多くの人が死ぬ」などという内容の話を、テレビニュース、新聞や雑誌などの記事や書籍などを傍証にしながら、もっともらしく説くことが行われている。

仏教の「末法思想」を、若い人々の中に広がっている「終末思想」の論理にすり替えている。そして、破滅を目前にした日本を危機から救い出すには、顕正会の組織を拡大することしかないと植え付ける。

「無間地獄」に堕ちる/「因縁」論[編集]

また、入信して間もない会員に対しては、会の教えに疑問を持ったり背いたりすれば厳罰が当たると、脅すことで脱会の足止めを施す。そして、この罰の究極が死後の「堕地獄」である。   死者が「無間地獄」へ堕ちたかどうかは、死顔が黒くなるかどうかで判別されると強調する。顕正会に入信した者だけが成仏することができる、すなわち、死者の顔が白くなり、また死後硬直も起こらないのだということを、ことさらに強調する。そして、「成仏の相を見た」と集会で発表する者もいるが、殆どの者が「最初は(遺体が)黒かったが唱題すると次第に白くなっていった」と述べており、これは時間の経過によって死後硬直が解けただけである。

さらに、現実的に病気や家庭内のもめごとなどの諸問題が起こることは前世からの「因縁」であり、「宿命」として個人に現れているものであり、この「宿命」を変えることを可能にするのは顕正会の信仰しかないのだ、という論理である。

逆に、この信仰を捨てれば、ますます事態は今よりも悪化する方向に進むとされる。このように不安感を与え、自らの判断を凍結させるという巧みな操作を通じて、会の指導に絶対服従を誓う一員に育て上げて行く。

体験主義[編集]

顕正会は、「(理屈ではなく)実際に試してみなければ分からない」という言い方を常套的に使っている。しかし、理に適っていなければ実践しても何の効果も得られない。よって「理に適っていなければ実践するだけ時間の無駄だ。自分には試してる暇なんか無いからどうしても勧めたいなら理屈で納得させろ」と言い返すと良い。さらに、危険な宗教団体が存在する以上、この宗教が安全かどうか確認できずに入信する行為は危険で非常識である。例えば列車は緊急停車したら安全確認が取れるまで発車しないし、食中毒が発生したら安全が確認されるまでその食品の販売は中止される。このように「安全が確認できてから行動する」のが常識である。顕正会員は日本の国防についてやたらと欠陥を指摘するが、敵国の軍隊よりも規模が小さい危険からも身を守ることができないのである。

勧誘の根底にあるもの[編集]

表面的には、「実に親切」で「面倒見がよく」「秘密を守ってくれ」「相手のところにも一緒に行ってくれる」実にたのもしい「兄貴分」「姉御」「仲間」「上司」というところを切り口にしている。一昔前まではこの種の人が我々の廻りにゴロゴロいたが、昨今では探しても見つからない。ここに勧誘の巧妙さがある。こうして切り口をつけ、相手に信頼感を与えたうえで入会にもってゆく。

ここで、勧誘する側の心構えを説いた「組長訓」を紹介する。

「よき組長とは後輩に親切な暖かい人である。自分の預かっている組員はまだ信心のよくわからぬ人が多いにちがいない。これらの人々のよき信心の世話人として誰にも親しまれ、信頼される中心者となって欲しい。理論だけで人は動くものではない。組員を思う組長の親切によって始めて励まされ、共に歩むようになる。そして組長は後輩の信心を心配しているうちに、自分が大きく前進しているのである。又何でも解ったような顔をする必要はない。たとえ自分に力がなくても御本尊が絶対なのだとの確信に立ち、組員と手を取り合って共に歩む半歩前進の姿が大切である。自分だけ飛び上がって威張っては誰もついて来ない。共に学ぼう、共に折伏しよう、共に先輩の指導を受けようではないかという態度の中に組の力強い前進と後輩の明るい成長がある」

相手の悩み、苦しみ、弱点を巧みに利用[編集]

「学業不振」、「家庭不和」、「経済苦」、「対人関係」、「仕事や健康」といった個人の弱点を巧みに利用し、入信させる。この場合かなりのベテラン会員だが、はじめは「聴き役」に徹し、相手の状況を完全に掌握すると攻勢に出てくる。「末法思想」「天変地異」「他国侵逼」に加え、「堕地獄」や「罰」が語られ「自分たちだけが残る」と結び、自分たちは「大衆救済を実践しているのだ」と大みえを切る。

弱みを利用して入会させながら、実際に解決している人の少ないことを口に出すと、「ご利益は形だけではない」「会長先生の不惜身命を考えたら、大海と一滴の水」などと言い、それよりも「ご本仏大聖人の眷属の自覚を持つことが大切」と、方向を転換させられてしまう。入会すると自分でも気のつかない間にこの言葉を口にしているという。一般社会人・主婦・病人にも、さそいの手はのびている。勧誘・入信・指導については、各班において細部にわたって「教育」「指導」が行われている。

鉄道自殺を試みた者を制止してすかさず勧誘し、自慢気に集会で発表した信者もいる[4]。さらに、この行為は鉄道営業法違反である。

被害体験談[編集]

2013春[編集]

求人に応募したら、そこは信者の経営するグループホームだった。 当然だが履歴書おさえられているので怖い。 俺も無理やり入信させられたので辞めたいのだが無理だろう。 誰か助けてくれ

高校生2年生です[編集]

今日長いこと会ってなかった友達(10年近く付き合っている子。A子とします)と久しぶりに会いました。

会う直前に「話したいことがあるんだけど自分一人じゃうまく話せないかもしれないから別の友達も呼んでもいいかな」と言われ、友達の友達(私は知らない人。B子とします)にも一緒に会うことになりました。B子は知らない人でしたがとてもいい子で、すぐに仲良くなれました。

そして、3人でご飯を食べたときに冨士大石寺の話をされました。

私は学校の先生とうまくいかず、先月県立高校から通信制の高校に転校したばかりです。先日偶然駅で会ったA子にその悩みを相談したとき、私にその仏法のことを教えてあげようと思ったそうです。

A子はB子にその仏法のことを教わったと言っていました。B子が私にお寺や仏教について教えてくれ、一緒に近くにある支部みたいな場所に行きました。A子は器用で自分の考えをしっかり持っている子なので宗教団体に入っているイメージがなかったので少しびっくりしたのですが、私のことを本当に大切な友達と思っていて自分で効果があると実感したから勧めると言っていました。

A子が入信の紙に私の名前を書いて、一緒に入信勤行をしました。念仏を唱えるのですが、私は宗教にかかわるものなんてお葬式くらいしか見たことがなく、何だか異様な雰囲気があったように感じました。

A子は私の本当に大事な友達です。

信用していない訳ではないし、別の友達とトラブルもあったので信じられるものがほしいとも思っていたので「これからちょっと朝晩の勤行やってみようかな」くらいに思っていたのですが、先ほどネットで調べたら「顕正会被害者の会」というものがあるのを知りました。

被害内容は被害者女性が信者の方に「持っていると不幸になる」と言われ携帯につけていたお守りをはさみで切られたり、中学生が無理やり入信させられたり…というものでした。

もちろん私は無理やり入信させられた訳ではありませんが、この仏教以外は正しくない宗教だから、もしお守りを持っていたら毒になるからティッシュか何かにくるんで外(コンビニなど)のごみばこに捨ててね、と言われました。

いくら正しくない宗教のものといってもお守りをごみと一緒に捨てるなんて…と思いました。

数珠や冊子は受付でもらったのでお金は払っていません。粗い質問になりますが私はこれからどうしたらいいでしょうか。意見だけでも聞かせてください。

46才男性です[編集]

まさに今日、顕正会の勧誘に遭いました。仲の良い知人とその連れと私、3人で会いました。相談があるから会いたいと言われて、現場に行ってみたら宗教の勧誘です。

2時間も話を聞かされました。

私は宗教は信じないので、拒みましたが、しつこかったですね。一瞬、声を荒げたくもなりましたが、大人の対応が必要と思い、話だけは聞いてあげました。

そして最後に一言言ってあげました。

「友達としてなら付き合うけど、宗教の話は今後しないでくれ。自分が良いと思っていることを勧めているんだろうけど、何を考え何を選ぶかは俺の自由だ。」

家に帰ってからも「え~、なんであの人が・・・。」と考えくらい暗い気持ちになりましたが、自分の意思は曲げません。

どんな宗教だろうが自分には必要ありません。これからも、その考えは貫き通します。お互いに頑張ろう!!

顕正会という宗教に夫が勧誘を受けています[編集]

会社の同僚からで、その人とは仕事上関わりが多いようです。

「悪いけど興味ないから」「申し訳ない、否定するつもりではないけれど、自分は信仰する気はない」とか相手を尊重する言葉を選んでも全く動じず、しつこく顕正会会館に誘うそうです。

「迷惑だ」「いいかげんにしろ」「完全に洗脳されているよ」など強い言葉で断ったほうがいいのでしょうか?ただ、その場合恨まれて攻撃されたりいやがらせや危険な目にあったりしないでしょうか?

12年勤めた会社ですが、夫はそのことが原因でもう転職してもかまわないと言うほど精神的に参っているようです。家が違う宗派だから、と言っても顕正会以外はすべて邪教だとさらにしつこく反論してくるそうです。

上司に相談するかも微妙なところで悩んでいます。私にはそのような経験がないので「はっきり断れば?」としか言えなかったのですが、はっきり断ったくらいではあきらめないようです。

上司に相談してよいことだと思います[編集]

私は今社会人ですが、学生時代に同じクラスで、言われれば思い出すくらいの人から、数年前突然電話がかかってきて、私もしつこく馴れ馴れしく電話で勧誘を受けたことがあります。

何度も何度も何を言ってもかなりかなり!しつこかったですが、同居している親に電話口で対応してもらったりして、第三者を出すことで、なんとかおさまりました。

まあ、その人物によるのかもしれませんが、誰かの協力を借りてみたらいいと思います。そんなヤツの為にご主人が転職するなんて、シャクじゃありませんか?!

仕返しの攻撃やいやがらせを心配されているようですが、多分色々な人を手当たり次第勧誘しているようですので、ターゲットが変わって行くだけのような気がしますが・・・

それこそ何かあった時の為にも、先に上司には分かっていてもらった方が安心な気がしますが、いかがでしょう?

私の場合、ストーカー行為として警察に通報しますよと親に言ってもらっても駄目でしたから相当しつこいです。何をいってもしつこいのは変わらないと思いますから、第三者に介入してもらってはいかがでしょう。

ちなみに最近、勧誘時の脅迫・監禁で逮捕者続出していますよね、この宗教。密室で囲まれないようくれぐれもご注意を!

顕正会に勧誘されました・・・[編集]

3歳の息子とショッピングモールへ行って、そこで初めて会った子連れのママさんに声をかけられ、話も弾んだのでまた今度遊びましょうということで、メアド交換をしました。

その日の夜、そのママさんからさっそくメールがあり、「家に遊びに来ませんか?」とのことだったので、子供たちを遊ばせてあげたくて、なんの疑いもなく遊びに行きました。

すると、全然知らないもう一組の親子がいて、そのとき初めて(あれ?)と思ったのですが、案の定、2人のママさんから「顕正会」という宗教に勧誘されてしまいました。

宗教には興味がないのできっぱりと断って、さっさと帰ってきたのですが、私が彼女の携帯に赤外線送信したプロフィールには、私の住所も登録されていて、名前も住所も電話番号も、個人情報がすべて彼女に知られていることに気付きました。

顕正会についてネットでしらべてみると、入信報告書というものに勝手に名前を書かれて入会させられたという人もいるようで、怖くなりました。

私も入会させられてしまうのでしょうか?住所が知られているので、家に何か届いたりしますか?もし入会してしまったとして、引っ越して住所が変わっても入会したままなのでしょうか?

彼女のアドレスは、すぐに削除しました。私はこれからどうすればよいですか?このまま何もなかったように生活すればよいのでしょうか。

とても不安で眠れません・・・。

大学で勧誘されました[編集]

隣のクラスの奴に勧誘されました。ある日の放課後、そいつに「ファミレス行こう」と誘われ、電車で1時間かかる場所について行きました。

そこはファミレスではなく、会館でした。そして会館の食堂、すなわち芙蓉茶寮で、顕正会についての説明を受けました。

逃げようと思ったのですが、そいつ以外に、そいつの高校の友人が2人(支隊長と班長)いて、3対1でとても僕1人では勝てませんでした。

3時間後にやっと話が終わり、「班長会(部集会)に出てくれ・勤行に参加してくれ」とか言われましたが、口実つけて帰りました。

幸い奴らは入信報告書に僕の名前は書いていませんでしたが、帰る前に顕正会4点セット(お経・本・数珠・新聞)をもらったため、その日は怖くて夜も眠れませんでした。

翌日、ゼミの先生に相談した結果、職員室に呼び出され、副学長と学生課の先生に全て話しました。

そして、先生方に4点セットや奴から来たメールを提出し、その結果、学校は動いてくれて、そいつは停学になりました。

驚いたことに、学内には僕以外にも被害者が3人いたらしいです。この事件をきっかけに、危機意識を持つことの大切さを実感しました。

ちなみにそいつは、留年して退学です。日蓮大聖人様が救ってくれるとか嘘っぱちですね。

勧誘被害の未然防止策[編集]

本来、日本には「信教の自由」があるので、世間に迷惑を掛けなければどんな信仰を持ってても良い。宗教によっては癒し・救いになる事もあるし、自分の為に、自分で教義を調べて自分の意思で入信するならば別である。しかし心の隙を付いてくる勧誘は知らなければ対処の仕様が無い。学校では教えてくれない。

自分の意思にそぐわない不当な勧誘から身を守る対処法を以下に挙げる。

  • 初対面の人物を簡単に信用しない。(例え同じ趣味といえども)
  • 万が一、携帯の番号やメールアドレスを教えてしまった場合は着信拒否、アドレス変更の処置を取る。
  • 入信への拒否を示しているのにも係わらず帰してもらえない場合は、警察への通報。
  • 目的の曖昧な呼び出しには応じない。
  • 面会場所は相手のペースにならない場所を選ぶ。
  • ファミレスで面会する場合奥の席に座らない。
  • できれば共通の友人も誘う。

*万一住所を聞かれたら昔住んでいた住所又は元いじめっ子の自宅の住所を教える *名前を聞かれたら、必ず偽名や元いじめっ子の本名で教える

断り方[編集]

勧誘されてしまった場合は、以下の断り方がある。

  • 「祈れば何でも叶う」が口癖なので、「だったら無理矢理入れようとしないで、俺が入信するように祈ってみろ」と返す。
  • 「やってみなきゃわからない」も口癖なので、「じゃあこの宗教に背いたら罰が当たるかどうかもやってみなきゃわからないよね?罰当たったら入ってやるよ」と追い払う。「当たってからじゃ遅い」と返してきたら、「それを言うならこの宗教が危ないかそうでないかもわからないうちに入って後から危ないとわかっても遅い」と反論する。
  • 「顕正会員のみ死後硬直が発生しないという医学データを見せろ」。

どうしても脱会したい場合[編集]

最後の手段として除名処分がある。

「ビデオ放映のDVDをこっそり別の物に差し替える」、「南妙法蓮華経と唱えてる部屋の中で朝日新聞を見ながら般若心経を唱え続ける」、「朝日新聞マンセーをでかい声で叫ぶ!!」、「池田大作や大川隆法を拝みながら浅井昭衛の写真を足で踏みつける」、 「信者へ顕正会の矛盾点を執拗にいい続ける」など問題を起こすと筆者のように「二度と来ないでくれ」となり除名される。顕正会員から愛読誌はと聞かれたから必ず朝日新聞、聖教新聞と赤旗と答える!!そうすれば顕正会から出入り禁止の恩恵を受けられる!!

除名が決まったら直ちに入会時の書類を返却させる、PCにデータがある場合ディスク・クリーンアップで抹消など完全に脱会した事を証明させる。(ただし除名でも会員数を維持する為に書類を返さない場合があるので「書類を返さないのであれば法的手段を取る」と強気で当たる必要がある)、暫くの間は顕正会菌除菌の為に朝日新聞購読をする。

どんな信徒のあつまりか[編集]

特に若い信徒には次のような特徴がある。

  • リーダーや先輩に盲目的に服従し依存していること
  • 教団を少しでも批判すると、必死になって正当化すること
  • 教団の教義や組織に何か矛盾を感じても、それは自分が間違っていると思うこと
  • 自分たちは選ばれた特別な存在であると思っていること

また、1995年(平成7年)には体育文化祭が開催され顕正会員による、マスゲームやダンス、合唱が行われた事がある。

不謹慎[編集]

「鉄道自殺を制止した」という話で笑いが起きたり[5]東日本大震災については「仏法に背いた罰」と認識している。また、被災地在住を自称する信者が「大聖人様のお力で、津波で流されたボートが自宅のベランダに横付けになり、中に居た家族が助かった」と2011年3月度総幹部会で発表した際は、聴衆の間で大爆笑が巻き起こった。言うまでもなく、常識人はあれだけの死傷者を出した大惨事の話で笑うことはできない。

グループホーム運営[編集]

豊島区&杉並区で信者がグループホームを運営!ハローワークで求人を出し、応募してきたヘルパーを次々に無理やり入信させる 夜勤明けのフラフラ状態を狙い、車で連れ出し、5時間の拘束 そのせいで頻繁に辞めていく、辞めた後も履歴書から個人情報をばらまかれる。

== 人を馬鹿にする幼い信者

==

顕正会は「日清日露日中太平洋戦争は日本による侵略戦争ではない」と主張し、『自虐史観を捨て仏法史観に立て』という書籍を発行しているが、ある信者がある勧誘相手にこの書籍を見せたところ、意見が対立して口論になり、信者が言うには勧誘相手は鼻の穴を広げて怒り狂ったという。信者がこのことを集会で発表した際、聴衆の間では大爆笑が巻き起こった。また会長の浅井は、創価学会員や幸福の科学の唱題について、「ナメコナメコと聴こえる」と発言し、信者は大爆笑した。このような小学生並みのガキの相手をすることは、時間の無駄である。顕正会は宗教界ののどごし生と言われている!!中華人民共和国では法輪功よりも危険宗教として扱うべきです!!顕正会はイスラム過激派組織(ISIL)の力がないと何も出来ない破落戸のどごし生ビエラ馬鹿宗教団体です!!浅井昭衛はISIL代表バクダディーお友達であり、前川原貴志はジハーディジョンとお友達であります

教義[編集]

Wikipeddia「冨士大石寺顕正会#教義を参照。

  • 「成仏する者は死後硬直が発生しない」と主張しているが、死後硬直についての知識が無い故に自身の見た現象を「成仏の相」と勘違いしている信者が多く、また、「顕正会員のみ死後硬直が発生しない」という医学データは存在しない[6]

教義以外の思想[編集]

  • 福島第一原子力発電所事故以降、原発には反対している[7]
  • 日清・日露・日中・太平洋戦争は日本による侵略戦争ではなく、日教組とマスコミの宣伝によって日本人は自虐史観に陥ったと主張している[8]
  • 民主主義、社会主義、資本主義に反対し、帝政を主張している。

蛎崎則央[編集]

  • 尖閣諸島は日本の領土であるとし、その上で自衛隊は中国の侵略から島を守ることができないとしている[9]

歴史[編集]

Wikipedia「冨士大石寺 塚越治喜 オナニー 顕正会#歴史を参照。

外れた予言・自語相違[編集]

  • 「次に迫り来る恐るべきものは飢饉であること間違いない。来てはならないと思うが数年以内にはおこらんとしている。」(昭和49年2月26日 総幹部会)

「まず第一の経済崩壊でありますが、(中略)このままいけば、あと数年で、国家機能そのものが麻痺するといわれています。」(昭和57年10月9日 第一回武道館総会)

  • 「もし今後二十五年に広宣流布が実現しなければ、核戦争により日本も世界も必ず滅亡する。」(昭和57年10月15日 臨時班長会)
  • 「第一の目標は百万を、私は今後十年で成しとげようと決意しております。」(昭和61年4月27日 第二回武道館総会)
  • 「私は、あと八年、平成十年までに、断じてこの百万を達成しようと決意しております。」(平成2年7月8日 横浜アリーナ)
  • 「早ければ来年からアメリカの経済崩壊が始まるかもしれない。」(顕正新聞 平成6年11月5日号)
  • 「この国家諌暁を、どのような形で行ったらいいのか。私は、国会請願の形を以て行うことが、最も適切と思っている。(中略)百万達成のとき、十万人の大行進を以て国会議事堂周辺を埋め尽くし、この請願書を堂々と提出しようと決意しているが、皆さん、どうでしょうか。」(顕正新聞 平成7年5月15/25日号)
  • 「まず第一の小田原地震、恐らく今年、これはもう間違いないでしょう。」(顕正新聞 平成10年1月15日号)
  • 「借りる期間は二十年。公正証書による契約をすでに交わしております。建築面積は七百七十坪、耐震強度も十分ある立派なビルです。(中略)名称は「顕正会青年会館」としたい。」(平成11年10月 総幹部会)
  • 「皇室に男子が産まれないのは日本人が日蓮大聖人を信じないからである。」(平成17年12月18日 日曜勤行指導)

主要役員、年間行事、会員数等[編集]

  • 公称会員
    • 約150万人 ただし実際に活動しているのは10万人にも満たないという。

顕正会が宗教界の破落戸のどごし生ビエラ馬鹿宗教団体でありイスラム過激派組織(ISIL)とグルだから実際の会員数を公表出来ない原因です!!顕正会は宗教界のインチキ団体です!!

参考文献[編集]

  • 淺井昭衞,『日蓮大聖人に背く日本は必ず亡ぶ』(2004,冨士大石寺顕正会)
  • 週刊新潮』2005年9月29日号(掲載ページ調査中)島田裕巳 「創価学会」も恐れる過激な原理集団 「顕正会」研究(創価学会批判の一部として記載されたもの)
  • 教祖逮捕―「カルト」は人を救うか ISBN 4796617191 月刊『現代』1999年12月号に掲載された記事の親鸞会関連の記述も含めた加筆版が掲載されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テンプレート:新宗教