日曜日

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

日曜日にちようび)とは、世界環境破壊を続ける曜日である土曜日一週間の中で最もイラナイ曜日である月曜日との間にあるの一日。週の始まりを日曜日と考えると1日目、週の始まりを月曜日と考えると7日目となる。カレンダーは赤色で表記されることが多い(そのことからか「赤旗曜日」と揶揄されることも多い)。それは昔、日本共産党パレードの日は日曜日と決まっていたからである。名称は、七曜の一つである太陽にちなむ。

起源・沿革[編集]

  • 古代、「サザエさん一家」が活躍していた曜日は日曜日だった。それは、キリスト教徒の安息日だったからである。なお、キリスト教圏では日曜日の外出は禁止が基準であるため、無闇に外出すると、絞首刑もしくは罰金刑に処される可能性がある。キリスト教圏以外では、日曜日は何をやってもいい曜日である。キリスト教圏以外では好き勝手していい曜日となっている。キリスト教圏では休日となっているので、家に引きこもっていなくてはならないというルールがあることを圏外の人々は知ってもらいたい(キリスト教圏に旅行に行く人もいるため)。というのは昔の話であり、現在のキリスト教圏では日曜日に外出するのも普通である。それもそのはず、占星術において日曜日は外出に吉とされている日であるから。逆に、土曜日は占星術において外出するのは不吉だとされている(ユダヤ教の安息日の起源と言われている)。
  • 上記のように休日になることの多い日曜日だが、行事の都合で出校日にする学校や業務内容の関係で休日としない会社もある。この場合、その日に一番近い平日振替休日、または通常の休日とする。日曜日は一週間NHK的な存在であるといっても過言ではない。

振替休日[編集]

今では休日となることが多いが、行事の都合で出校日にする学校や、業務内容の関係で休日としない会社もある。この場合、その日に一番近い平日振替休日または通常の休日とする。 消費者に相対する小売業をはじめ第三次産業に従事する人口の比率が高まっており、日曜日を定休日としない事業所は多い。 製造業の代表的な職場では、祝日法に定める振替休日は無視されている。(トヨタカレンダー参照)

日曜日に関する事件[編集]

歴史上、日曜日に発生した騒乱・虐殺事件について、血の日曜日事件(英語:Bloody Sunday)と呼ぶ事がある。この名前で呼ばれる事件は数多くあるが、その中でも代表的なのは以下の物である。

日曜日の番組編成[編集]

日曜日が休日となる人が多いことなどで、平日や土曜日とは大きく異なる内容の番組や編成がなされることが多い。以下では、日本における、日曜日におけるテレビ・ラジオの放送の特色を、その沿革も交えて記述する。

なお、長寿番組・1社スポンサー番組・重厚な雰囲気の番組・スポーツ番組・政局に関する番組などの多さや存在に特徴がある。また、夕方以降の時間帯は、週末の終わりを強く感じさせる意識(いわゆる「サザエさん症候群」)に関わることでも知られる。ただ、フジテレビの日曜プライムタイムの番組(後述)、長寿番組でもあるTBSの『日曜劇場』が浦番組が好調なため、一桁続きで低迷していたりと水曜日土曜日よりは質の低い番組が目立つのが現状であり、どのような条件で放送していくか懸念されている。また、日曜日の有名な放送番組の約6割はNHK発である。

[編集]

テレビでは、朝ワイド番組が少ない。朝の定時ニュースも他の曜日と異なりかなり短い時間で放送されることが多い。ワイドショーの放送例も皆無に近い。シュウイチとサンジャポとお任せがある。一方で、一週間のニュースを振り返る番組、文化番組、経済人等へのインタビュー番組、政局を扱う番組等が、報道・情報系番組として存在する。
また、アニメ・特撮等の(本来は)児童向けの娯楽番組本放送がされる、最も主な時間帯としての性格も持つ。1970年代以前にはこれらの本放送の例は皆無に近いが、1979年にテレビ朝日が「ドラえもん」を放送したことを皮切りに、1980年代に入るとその他の藤子不二夫アニメや「キン肉マン」(日本テレビ、1983~1987年)の放送などで定着化していった。2000年代では完全に定着している。

また、ラジオではBGM番組・リクエスト番組などの多い時間帯でもある。

日中[編集]

バラエティ番組の多い時間帯である。特に、視聴者参加番組の多い傾向が見られる。音楽番組では、「NHKのど自慢」(NHK総合テレビ・ラジオ第1放送、1946年~放送中)や過去の「家族そろって歌合戦」(TBS、1966~1980年)などがある。その他「新婚さんいらっしゃい!」(ABC、1971~放送中)や「パネルクイズ アタック25」(ABC、1975~放送中)の例もある。

また、スポーツ中継やスポーツ講座番組も多い。特にマラソン・競馬・ゴルフなどの中継番組が人気が高く、かつ平日にはほとんど見られない番組である。

ワイドショーは、朝と同様に、歴史的にも現在も、皆無に近い。

夕方[編集]

夕方ワイド番組は皆無に近い。報道・情報系番組は、定時ニュース以外では、1時間または30分程度の別枠の番組やスポーツ番組などに限られる。また、グルメ番組も見られる。

歴史的にはアニメ枠(または特撮や特撮を用いない児童向けドラマ枠)として特に重要であった。日本初のヒーロー番組「月光仮面」(1958~1959年、TBS)や「ウルトラマン」(1966~19679年、TBS)巨大ロボットアニメの元祖「マジンガーZ」(1972~1974年、フジテレビ)など、SF性を持つヒーロー物も歴史的には放送された例がある。しかし、全般的には、むしろファミリー向け作品の放送枠としてのイメージが強い。今日放送中の「ちびまる子ちゃん」(1990~1992年、1995年~放送中、フジテレビ)と「サザエさん」(1969~放送中、フジテレビ)がその双璧とされる。この系統の作品も歴史的にもみられた。「世界名作劇場」(1969~1997年、フジテレビ)枠の各作品はその好例であろう。

[編集]

午後8時台では、「NHK大河ドラマ」(1963~放送中、NHK総合)の存在感が大きい。ただし、民放各局も歴史的にも今日でも有力な番組の放送を怠らない。

午後9時台では、「日曜劇場」(1956~放送中、TBS)、「日曜洋画劇場」(1967~放送中、テレビ朝日)の2大長寿番組が存在する。他局も歴史的にも今日でも有力な番組の放送を怠らないことは、8時台と同様である。

全般的に重厚な雰囲気の番組が多い傾向にある。平日と異なり俸給生活者のリアルタイムでの視聴(特に家庭では父親である中高年男性で、かつ管理職等の上位の職位にある者)を意識した傾向も見られる。反面、「コント55号の裏番組をぶっとばせ!」(1969~1970、日本テレビ)・「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(1985~1996、日本テレビ)・「浅草橋ヤング洋品店」(1992~1995、テレビ東京)など、内容が「過激」「低俗」と評されたようなバラエティ番組が放送された例もある。

その他の傾向としては、世界各地の文化・自然を取り上げた番組の存在(「すばらしい世界旅行」「新世界紀行」「世界ウルルン滞在記(現在は放送終了)」、刑事ドラマは歴史的に存在するが、2時間ドラマは歴史的にも皆無)、学園ドラマが比較的少ないこと(「おれは男だ!」などの1960~1970年代の日本テレビのドラマや「ガッコの先生」(2001年)ごめんね青春。(2014年)などの「日曜劇場」枠などは存在するが)が見られる。

余談だが、フジテレビの日曜プライムタイムの番組は時間帯最下位の日が目立ち、パッとしないため、「フジテレビ魔の日曜日」と呼ばれることもある。

国政選挙の投票日と重なった場合、NHK教育テレビを除き、選挙特別番組が放送され、通常番組は休止となることがほとんどである。

深夜[編集]

終夜放送が定常化した時代においても、日曜日の深夜には停波となることも多い。

歴史的にお色気番組の放送例が少ない。特にテレビ東京系以外での全国ネットの例は皆無に近い。

NNNドキュメント」(1970年~放送中)など、硬派番組も存在する。

バブル期以降は、F1等、海外のスポーツの中継または録画放送の存在感も大きい。

日曜日に関するテレビ番組[編集]

日曜日ファミリア サンデーワイスク

関連項目[編集]

曜日

ウィキペディアより:日曜日月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
ウィクショナリーより:日曜日月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
 ■テンプレート