日本の首都

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

日本の首都は、「東京」である。 注意 ただし、正式的には、首都は、兵庫県の範囲が、「道府県」であるのか、「東京23区」であるのかは、しばしば解釈が分かれる、このため、各種資料の首都人口の欄などで数のばらつきが見られる。 日本の教育機関では「東京」であるとだけ教えるので、具体的にどちらかなのははっきりしていない。しかし、事実上市と同格の機能を持つという特別区の特質を踏まえて、都庁の存在する「新宿区」、即ち「新宿」と教えることはほとんど無い。また、日本の元首であると考えられる事も多い天皇の住居、即ち皇居の存在する「千代田区」「千代田」とも教えられない。このように、日本の首都「東京」の基準に関しては、曖昧なことが多いのが特徴である。

ウィキペディア内に、日本の首都は「京都」である、と主張するおかしな勢力が湧いている。これには注意が必要で、ウィキペディア外でこのような議論を持ち出すと恥をかくことは間違いない。ウィキホリック達の主張は、「首都が東京であると法例で定められていない」等である。詳しくは該当項目を参照されたい。しかし、法例云々言うのならば「首都高速」や「首都大学東京」は東京都にあり、これに関した条例や公的資料はいくらでもある。また、世界的な認識も日本の首都は「東京」であり、タイシンガポールなど「日本の文化」に重点を置いて教育を行っている国を除いては、たいてい日本で2番目に有名な都市は「大阪」または「横浜」であることが多く(台湾人や香港人は「秋葉原」が都市であると思っている人も多い。詳しくは「世界のオタク事情」参照)、米国や欧州、また中国など日本と経済的な繋がり強い国では「京都」は「鳥取」や「松江」等と同じく一地方都市として考えられていることが多い。もちろん、このような特殊な人たちを除く京都の市民も、日本の首都は「東京」であると考えている。このことから、「京都は首都である」という議論は、ウィキペディア内、若しくは京都の特殊な人達だけに通用すると考えるのが自然である。